この度、新たな試みを詰め込んだアルバム『REBOOT』を発売する、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE。強い個性を持つ16人が集まった大人数グループでありながら、全員揃った時の一体感と迫力、絆力は唯一無二の魅力を放ち、EXILE TRIBEの中で今存在感を増し続けています。ここでは、そんなTHE RAMPAGEのメンバーである、陣さん、吉野北人さん、長谷川 慎さん、鈴木昂秀さんのトークをお届けします!

ZIN×Hokuto×Makoto×Takahide

――『REBOOT』はどんなアルバムですか?

陣:『REBOOT』は再起動という意味ですが、イレギュラーだった2020年を経て、改めてエンターテインメントや音楽の力を信じよう、そして自分たちが今やるべきこと、表現できることを作品を通してたくさんの人に届けたい、という思いが詰まったアルバムです。2020年に培ってきたものと、未来を見据えたような内容が凝縮された形になっています。

鈴木:僕は特に「BAD LUV」が好きです。サビの振付を自分がやらせていただいたんですが、曲調がめちゃくちゃおしゃれ。海外テイストといいますか、「こんな曲を待っていた!」っていう感じです。

吉野:歌い上げる系の曲で気持ちがいいのは、「MY PRAYER」とか。この曲で初めて振付のないMVを撮ったんですけど、陣さんがちょっと泣いたり、まこっちゃんがめちゃめちゃいい顔で走ったり…。16人でお芝居をやらせてもらったのも印象的です。

陣:泣きの演技は、なかなかむちゃ振りだったんですよ(笑)。電車をお借りして撮影したんですけど、助監督さんから「次の駅までの3分くらいで泣いてください」って言われて。キツいなって思いながらも、3人の歌声が良かったので、歌の主人公になりきる感じでやらせていただきました。

長谷川:僕は逆に泣くところがなかったぶん、ちょっとした表情で見せる切なさを表現するのが、難しかったですね。

陣、吉野:えー(半笑い)。

――なんですか、そのリアクション(笑)。

長谷川:面白がっているんですよ。

陣:あるんですよ。こいつかましたな、みたいな。

――そして、皆さんが自覚している個性や特技も教えていただきたいのですが。

陣:なんでしょう。すぐにふざけたくなるところですかね。静かな雰囲気にあまりなれないタイプなので。そういうファニーな空気を作るために、マジメに取り組んでいる所存でございます。

長谷川:たまにリハーサルが始まって2分くらいで集中力が切れちゃっている時がありますよね。

陣:早なってるやん。

長谷川:前は5分って言っていたんですけど、考えたら2分くらい。

陣:2分は頭からやん(笑)。

長谷川:開始2分で(後藤)拓磨をいじって、たまに拓磨をいじりきれなかったのを、キレぎみで僕にぶつけてくる(笑)。ちょっとやめてほしいなって思います。

陣:わかってるな〜、まこっちゃん。北人は逆に「うぇ〜い」とか言って僕をいじってきますよ。

吉野:陣さん面白いんで、つい。

――吉野さんの個性や特技はいかがですか?

吉野:えー。特技は…人を喜ばせることです。

陣:うぉ〜。まさにその通りですよ。

吉野:悪いのきた(笑)。

陣:北ちゃんっているだけで癒されるんですよね。アロマみたいな人です。マジで思います。

長谷川:(軽い感じで)僕もそれ感じてますよ。

吉野:ほんと〜?

長谷川:なんていうんですかね…その…。一緒にいて気持ちがいいんです。

吉野:やっぱ相性がいいから、俺たち。

長谷川:以前、番組の企画で占ってもらった時に、北人さんと僕は相性がいいって言われて、それ以来意識しちゃってます(笑)。僕自身の強みは、グループの中でファッションとかSNSとか、かっこいいことを発信していくことですかね。

陣:うん、スタイリッシュさが出ていいと思います。

吉野:この間インスタのストーリーに、あえて文字を逆に書いていたよね。僕はそれがわかっていなくて、「文字逆だよ〜」って教えたら怒られました。

長谷川:はははは!(笑)

――鈴木さんの強みはどうでしょう?

鈴木:自分はクリエイティブなことをするのが好きなので、音を作ったり、映像制作をしたりしています。ダンスを始めた当初からヒップホップが好きなので、よく海外のラッパーとかアーティストの映像からインスパイアを受けているんです。

陣:昂秀はメンバーいち器用。不思議な才能をお持ちなんですよ、昂秀は。どれだけ怒られてもケロッとするっていう才能もありますし(笑)。

吉野:ほんとに何でもできるっていうイメージです。でも、やっぱり私生活はちゃんとしてほしい。

陣:そうなんですよね〜。遅刻は当たり前のようにしますしね。キレイにプラマイ0!

鈴木:すみません(汗)。今年は遅刻を一回もしないように頑張ります!!

写真右から、
長谷川 慎(はせがわ・まこと) 1998年7月29日生まれ、神奈川県出身。パフォーマー。映画『PRINCE OF LEGEND』『貴族降臨‐PRINCE OF LEGEND‐』では、王子のひとり・小田島陸を演じている。シャツ¥46,000 パンツ100,000(共にヨウジヤマモト/ヨウジヤマモト プレスルーム TEL:03・5463・1500) その他は本人私物

鈴木昂秀(すずき・たかひで) 1998年10月3日生まれ、神奈川県出身。パフォーマー。ヒップホップユニット「MA55IVE THE RAMPAGE」のメンバー。「HiGH&LOW」シリーズでは、辻を演じている。ニット¥60,000 カットソー¥37,000 パンツ¥74,00
0 デニムラップドレス¥62,000(以上ヨウジヤマモト/ヨウジヤマモト プレスルーム)

吉野北人(よしの・ほくと) 1997年3月6日生まれ、宮崎県出身。ボーカル。映画『HiGH&LOW THE WORST』『私がモテてどうすんだ』などに出演し、俳優としても活躍の場を広げている。シャツ¥25,000(タクタク/スタジオ ファブワーク TEL:03・6438・9575) パンツ¥28,000(BLAHW/Galaxy Trade,.Ltd TEL:03・6420・0154) シューズ¥14,000(イエスタデイズトゥモロウ/ベンダー TEL:03・6452・3072) その他は本人私物

陣(じん) 1994年4月28日生まれ、大阪府出身。パフォーマー、リーダー。昨年末には、レスリー・キー撮影による日めくりカレンダー「まいにち、陣!じんじん雑学カレンダー」をTOKYO FMより発売。シャツ¥31,000(キート/ティーニー ランチ TEL:03・6812・9341) カットソー¥15,900(スティア) パンツ¥35,000(BLAHW/Galaxy Trade,.Ltd) シューズ¥22,500(A|X アルマーニ エクスチェンジ/ジョルジオ アルマーニ ジャパン TEL:03・6274・7070) その他はスタイリスト、本人私物

ザ・ランペイジ・フロム・エグザイル・トライブ ボーカル3人、パフォーマー13人から成る、ダンス&ボーカルグループ。2017年にメジャーデビュー。2月24日に、3rdアルバム『REBOOT』を発売。豪華盤には、ライブ&ドキュメンタリー「RMPG PEEPS‐LIVE WITH YOU 2020‐」も収録。

※『anan』2021年2月24日号より。写真・森山将人(TRIVAL) スタイリスト・中瀬拓外 ヘア&メイク・谷川一志 上野綾子 あき 大矢佑奈(以上KIND) 取材、文・菅野綾子 保手濱奈美

(by anan編集部)