ご褒美アイスといえば『ハーゲンダッツ』! ちょっとお高めだけど、その美味しさで多くのファンがついています。シーズンごとに限定フレーバーが発売され、その人気の高さから品薄になることもしばしば。また、定番のフレーバーは何年にもわたって愛され続けています。今回は20代〜30代女性の集まる総研メンバー約200人に、『ハーゲンダッツ』の定番フレーバーについて聞いてみました。

【アンアン総研リサーチ】

ハーゲンダッツについて聞いてみた!



現在『ハーゲンダッツ』のカップアイスクリームの定番フレーバーは全8種。アンアン総研メンバーに一番好きなフレーバーを聞いてみました。ランキングで発表します!

Q. 一番好きな『ハーゲンダッツ』のフレーバーはなんですか?
まずは…

第5位 マカダミアナッツ ¥319



「ナッツがごろごろ入っていて贅沢な味わい」(25歳・会社員)
「ナッツ好きにはたまらない味わい。ほんのり感じるバターの風味もよし」(35歳・主婦)

使用されているマカダミアナッツは、ココナッツオイルでじっくりとローストされているそう。どこをすくってもカリっと香ばしいマカダミアナッツが入っているのがいいですよね。

第4位 クッキー&クリーム ¥319



「甘いバニラとサクサクのクッキーが相まって見事なバランス!」(29歳・その他)
「クッキーが入っていることで、バニラよりリッチな気分になれる」(26歳・会社員)

中に入っているチョコレートクッキーはハーゲンダッツオリジナル。バニラの香りとのバランスを考慮し、2種類のココアとカカオマスが配合されています。

第3位 グリーンティー ¥319



「抹茶好きにはたまらない。濃厚で甘すぎず美味しい」(32歳・専門職)
「本格的な抹茶味だから好き」(31歳・会社員)

今や世界中で愛されているハーゲンダッツ グリーンティーは、日本発の初めてのフレーバー。なんとその開発には完成まで7年もかかったそう。

茶葉はハーゲンダッツオリジナルブレンド。抹茶は、光や熱に当たると色が薄くなったり苦みが増してしまう性質があるため、茶畑を黒い布で覆ったり、摘み取った茶葉は暗い部屋で保管といった工夫がされています。さらに、カップにもこだわりが。なんと、グリーンティーフレーバーのカップは光を通さないんです。美味しさのために私たちの想像以上の手間暇がかかっているんですね。

第2位 ストロベリー ¥319



「王道で絶対おいしい! 果肉が多いところを食べると幸せになれます」(27歳・大学生)
「ストロベリー風味とかじゃなくて、潰したイチゴの味がして大好き」(29歳・会社員)

ストロベリーが好きな方たちの意見では、そのほとんどが「イチゴの果肉の大きさ」をあげていました。



写真のように中まで赤いイチゴは、開発時に品種探しだけで3年間もかかったそう。また、着色料が不使用なので、いちご本来のナチュラルな色と美味しさを楽しめます。

そして、
第1位 バニラ ¥319



「王道にして至高。ハーゲンダッツが食べたい! という気分の日はこれを選びます」(23歳・大学生)
「スタンダードな味は贅沢感が増すし、濃厚なのに甘ったるさがなくてくどくない!」(25歳・会社員)

ハーゲンダッツアイスの原料となる牛乳は、牛が食べる牧草の土づくりから始めているという徹底ぶり。ハーゲンダッツ バニラは、そんな牛たちからとれた濃厚な味わいのミルクと、それに引けを取らない香り豊かなマダガスカル産のバニラ100%が使用されています。素材へのこだわりを知ると、ますます美味しさを感じてしまいます。

ちなみに、人気投票の結果は下記のとおり。



最後に、ハーゲンダッツにまつわる思い出も聞いてみました。

「アルバイト先の社員だった彼氏と、学生の私。休憩時間にハーゲンダッツを買ってくれて冷凍庫に入れておいてくれて嬉しかった思い出があります」(23歳・大学生)
「お母さんと食べながら、やっぱり美味しいね、と言ってる時間がとっても好きでした」(31歳・会社員)
「友人の家に遊びに行く際、お土産にハーゲンダッツを購入すると必ず喜ばれる」(31歳・専門職)

ハーゲンダッツって、アイスの中でもちょっとだけ特別。何気ない時間でも、ハーゲンダッツのアイスがあるだけで、その瞬間が特別なひと時になるのかもしれません。

※ 価格は編集部調べです。


文・小田原みみ

文・小田原みみ