劇団EXILEの連続ドラマとリアルで楽しむJAMプロジェクトが始動! SABUが監督を務めた、’18年公開の映画『jam』が帰ってきます。

映画の登場人物たちのその後が描かれる『JAM -the drama-』劇団EXILEより、生まれて初めて恋を知る、寡黙な青年・川崎テツオを演じる鈴木伸之さんと元ラーメン屋の店員、その正体は香港スター・レスリー・チャンチャンを演じる佐藤寛太さん、ダンスという新境地に足を踏み入れるチンピラ青年・滝口ジュンを演じる小野塚勇人さんの3人のインタビューをお届け!

鈴木伸之 as 川崎テツオ

Q. 演じた役の見どころは?

A. 映画では無口だったテツオが話すようになったことが一番の見どころだと思います。また、ギターはしっかり練習させてもらったので、そこも見ていただきたいですね。

Q. ドラマならではの面白さとは?

A. いい意味で常に先が見えない展開が繰り広げられていくので、予想できないことがどんどん起きていくところ。

Q. SABU監督の現場で、他の現場と違うところは?

A. 世界観!

Q. 映画の『jam』に絡めて、最近した“いいこと”を3つ挙げるなら?

A. (1)自炊。(2)掃除。(3)洗濯。

Q. 最近見て面白かった映像エンタメは?

A. オリンピック。同じ日本人が活躍する姿を見させていただき、とても元気を貰うことができました。

Q. 劇団メンバーと映画を制作するとしたら、誰を主演でどんな映画を作りたい?

A. 小澤(雄太)さん主演で、どん底から這い上がる物語。

Q. 劇団メンバーと一緒に曲を作るとしたら誰と?

A. 秋山(真太郎)さんと演歌を。劇団で一番まともな方とまともな楽曲を歌ってみたいからです。

Q. 劇団メンバーの中からスター歌手をプロデュースするなら誰?

A. (佐藤)寛太を韓流スター風にプロデュース。今回のドラマをヒントにして。

すずき・のぶゆき 1992年10月14日生まれ、神奈川県出身。『HiGH&LOW』や『PRINCE OF LEGEND』シリーズ、ドラマ『お茶にごす。』、映画『東京リベンジャーズ』など出演作多数。

佐藤寛太 as レスリー・チャンチャン

Q. 演じた役の見どころは?

A. あるきっかけで有名人になってしまった青年が、芸事で生きていくために自分に必要なものを獲得していこうと、目の前のことに飛び込んでいく様を見てほしいです。

Q. ドラマならではの面白さとは?

A. 登場人物が心変わりして成長していく姿が、滑稽な中に芯があって笑いながらも感動します。

Q. 映画の『jam』に絡めて、最近した“いいこと”を3つ挙げるなら?

A. (1)ゴミ拾い。(2)近所のおばあちゃんの買い物手伝い。(3)自炊。

Q. 最近見て面かった映像エンタメは?

A. 『僕のヒーローアカデミア』のアニメ全般。

Q. 劇団メンバーと映画を制作するとしたら、誰を主演でどんな映画を作りたい?

A. 青柳翔が演じる、荒廃した地球で生存者コロニーを探す男。荒野で一人飯作ってバイクでロードトリップしてる姿が目に浮かぶ。

Q. 劇団メンバーと一緒に曲を作るとしたら誰と?

A. SWAYさんと。生活音でビートを作って主婦の愚痴みたいな歌詞のラップと歌で。

Q. 劇団メンバーの中からスター歌手をプロデュースするなら誰?

A. 鈴木伸之。バンドに囲まれ一人歌う感じだけどシャウト系ではなく、ジャズでファンクな感じ。

さとう・かんた 1996年6月16日生まれ、福岡県出身。『HiGH&LOW』シリーズのテッツ役として知られる。映画『いのちスケッチ』に主演。最近の出演作に映画『花束みたいな恋をした』など。

小野塚勇人 as 滝口ジュン

Q. 演じた役の見どころは?

A. 今まで悪いことしかしてこなかった人間が周りにどう影響され、どう成長していくか見てほしいです。あとはダンスシーン(笑)。

Q. ドラマならではの面白さとは?

A. 映画では描き切れないそれぞれのバックボーン、次回どうなってしまうんだという展開がドラマならでは。

Q. SABU監督の現場で、他の現場と違うところは?

A. 演技の指示を、基本的に絵コンテを描いて見せてくださいます。絵がとてもわかりやすくて、こういう画角、撮り方でいきますとかも教えてくれるので非常にやりやすい。

Q. 最近見て面白かった映像エンタメは?

A. ゲームの「APEX」。ここ3か月くらいやってます。みんな強くてやられまくりなんですけど、ちょっとずつ成長している感じが好きです。

Q. 劇団メンバーと映画を制作するとしたら、誰を主演でどんな映画を作りたい?

A. 全員と『プリズン・ブレイク』みたいな脱獄系映画。

Q. 劇団メンバーと一緒に曲を作るとしたら誰と?

A. SWAYくんなら、きっとカッコいい曲を作ってくれるはず。

Q. 劇団メンバーの中からスター歌手をプロデュースするなら誰?

A. 町田(啓太)くんを演歌歌手として。面白そうだから。

おのづか・はやと 1993年6月29日生まれ、千葉県出身。ドラマ『仮面ライダーエグゼイド』では、仮面ライダーレーザーを演じた。近作は深夜のイッキ見!まつり『#天空のシェアハウス』(NHK総合)、ドラマ『家、ついて行ってイイですか?』第4話など。

げきだんエグザイル 2007年旗揚げ、現在は9名で活動する劇団。昨年初めてのメンバー全員出演公演『勇者のために鐘は鳴る』を行った。メンバーは、劇団作品以外の映画、ドラマ、舞台などでも幅広く活躍中。

『JAM -the drama-』『JAM -ザ・リサイタル-』 映画の登場人物たちのその後が描かれる『JAM -the drama-』は、ABEMA SPECIALチャンネルにて独占無料放送中(毎週木曜22時〜・全8話※8話のみ23時30分〜ABEMA SPECIAL2)。演歌歌手や謎の青年、チンピラたちの事情や思惑が入り乱れ、巡り巡って皆で一大エンタメショーを作り上げていく物語。八代亜紀や純烈との豪華共演も必見! 10月中旬より、作品世界を舞台上で繰り広げる『JAM -ザ・リサイタル-』も開催。

※『anan』2021年9月15日号より。写真・小笠原真紀 ヘア&メイク・礒野亜加梨 高尾奈菜 風祭友希子(以上studio mam)取材、文・菅野綾子 保手濱奈美 撮影協力・バックグラウンズ ファクトリー

(by anan編集部)