人生の先輩的女性をお招きし、お話を伺う「乙女談義」。今月のゲストは俳優の鷲尾真知子さん。さて4週にわたった鷲尾真知子さんのお話も今回で一区切り。最後は若い世代に向けて、メッセージをいただきました。第4回は「人は死ぬまで一人、でも一人では生きられない」。

役者という不安定な仕事を長らくやってきた私から言えることは、生まれてからいなくなるまで、人間は一人だっていうこと。これを読んでいるみなさんは、大きな会社に所属している人、友達と会社をやっている人、あるいは一人で働いている人など、状況はいろいろだと思いますが、誰もが一人だということは変わらない。だから、自分で自分に対して責任を持ち、生きていかなきゃいけないと思います。ただ一方で、人は人を求める生き物です。矛盾するかもしれませんが、一人では生きていけません。私自身、役者の道に導いてくれた母をはじめ、先生方、一緒に芝居の道を歩いてくれた夫など、たくさんの人に助けられ、今ここにいるんですよね。

ちなみに最近、43歳の女性のお友達と仲良くしていて、彼女がたくさんエナジーをくれます。この年なのでともすれば家に引きこもってしまいがちですが、好奇心旺盛な友達を持つことは、意外と大事な気がします。

素敵な出会いのために、心を開放して。

最近の若いお嬢さんたちを見ていると、みなさんとても輝いているのですが、あんまり心を開放していないのかな、とも思います。もちろんコロナ禍で、直接人と会えない、コミュニケーションも画面越し…という状況のせいもあるとは思いますが、もっと心を開放して、と72歳の私は思います。心を閉じてしまったら、素敵な人とは出会えない。顔を上げて相手の目を見ることが、素敵な出会いを呼ぶ第一歩なんじゃないでしょうか。

心の開放とは、喜怒哀楽をきちんと表現すること。一人で家にいると、心の動きがなくなってしまいますよね。もっと積極的に、嬉しい、楽しいだけでなく、泣いたり、悲しんだり、怒ったり。バランスよく心を動かしましょう。特に怒りって、意外と表現してないんですよね。だから私は毎日、ニュースを見ては怒ってますよ(笑)。柔軟な心を持っていれば、魅力的な誰かと出会ったとき、きちんとキャッチできる人になれると思います。

わしお・まちこ 俳優。1949年生まれ、神奈川県出身。ドラマ『大奥』でもおなじみ。10/2より大阪・サンケイホールブリーゼにて舞台『友達』に出演。共演は有村架純、林遣都ほか。

※『anan』2021年10月6日号より。写真・中島慶子

(by anan編集部)