最近目にする機会も増えた、デリケートゾーンケア。悩みは人それぞれだけど、まだまだオープンな話題にしにくい現状でもありますよね。実際にどれくらいの人がどのようなケアをしているのか、20代〜30代の女性が集まるanan総研メンバー約200人に調査してみました! リアルな意見がたくさんあり、気になっている方も参考になるかと思いますよ。

デリケートゾーンのケアをしている人は、約6割!



【アンアン総研リサーチ】

今現在デリケートゾーンのケアをしているのは57%で、半数以上という結果に。

サロン派とセルフケア派に分かれました。

サロン派の声

「年に何度かVIOにレーザー脱毛を受けています。デリケートゾーン専用ソープで洗い、定期的にトリマーでもアンダーヘアを整えます」(29歳・会社員)
「レーザークリニックで脱毛しました。毎日水で優しく洗っています」(29歳・自営業)
「脱毛サロンに通っており、普段は専用のソープでケアしています」(31歳・会社員)

セルフケア派の声

「デリケートゾーン専用ソープで洗っています。また、生理中などは外出先のトイレでデリケートゾーン専用のウェットティッシュを使用しています」(25歳・会社員)
「セルフ脱毛で整え、生えたらまた整え…の繰り返しです。ボディクリームは全身に塗っているので、デリケートゾーンもついでにケア」(29歳・専門職)
「生理中はデリケートゾーン専用ソープで洗っています」(29歳・会社員)

サロン派も、毎日のセルフケアは欠かせないという人が多いようです。目立ったのは、デリケートゾーン専用ソープの使用。続けやすいケアなのもポイントかもしれません。

コツコツ毎日積み重ねるのが健康と美の秘訣みたいです。

どんなきっかけで始めたの?

デリケートゾーンケアをしていない人は約40%。半数はいかないとはいえ、こちらも多いですよね。

「黒ずみ対策はしてみたいです」(29歳・会社員)
「ムレは気になる!」(29歳・専門職)

現在はケアをしていなくても、気になっているという人はいました。ケアしている人は、いつ頃から、どんなきっかけで始めたのでしょうか?

「20代後半くらいから、ムレやニオイ対策のために」(31歳・会社員)
「20代前半の頃、友人に専用アイテムを勧められてからずっとケアしています」(25歳・会社員)
「3年前から脱毛を始めました。海外ではエチケットだと聞いたのがきっかけです。また、生理中にアンダーヘアがあたってかぶれることが多かったので、脱毛して良かったと思っています」(29歳・自営業)

20代から始めている人も少なくないようです。数年続けている人も目立ちます。面倒なイメージがあっても、習慣化すれば続けられそうですね。

「水着を着るときに面倒だったから。また、彼との時間も大切にしたかったのも理由です」(29歳・専門職)
「産婦人科で、ボディソープで洗うのは良くないと言われたため、お湯で洗おうとは思っています。でも、逆に不衛生な気もして怖いです…」(29歳・自由業)

水着や彼との時間は確かに気になります! 産婦人科がきっかけで知ることも。人によってはお湯のみだと抵抗感がありそうですね。

続けやすい価格帯のアイテムから始めると良いかも!

サロン派もデイリーケアは欠かさない人が多いです。気になっている方は、まずは手軽なセルフケアを始めると良いかもしれないですね。簡単なものや、続けやすい価格帯のものだと習慣化しやすそうです。メリットを発見できると、もっと力が入っちゃうかも!?

パートナーのためという声ももちろんありましたが、メインは自分のためのケアのよう。より快適に過ごせるためのケアとしても、自分に合ったものを取り入れてみたいですね。

©yacobchuk/Getty Images

文・西田彩花