あったか鍋で体メンテナンス。栄養を補給して不要なものは上手に追い出そう! チャージ&デトックスできる、ひとり鍋レシピをご紹介します。

“チャージ&デトックス鍋”3つのテーマ

テーマ1:元気になる!
良質なタンパク質で筋肉量を増やし、疲労に負けない体に。鶏肉なら疲労物質の分解を促すイミダゾールペプチド、豚肉だと糖質のエネルギー代謝に必要なビタミンB1も補給可能。感染症予防のために、鮭などに豊富なビタミンDもぜひ。

テーマ2:燃やす!
冷え&脂肪燃焼力ダウンの原因は、血液不足と循環力の低下にあり。血液を作る材料である鉄分と亜鉛を、魚介類や赤身肉でチャージして。ラム肉や牛肉なら脂肪燃焼効果もアップ。しょうがや唐辛子など、温めて燃やす食材もたっぷりと。

テーマ3:溜めない!
食べすぎや飲みすぎで体に溜まりがちな不要物は、腸をしっかり働かせてデトックス。蠕動運動を促す食物繊維と、善玉菌を増やす発酵食品やオリゴ糖を。発酵食品の乳酸菌は熱で働きが弱くなるけれど、それも善玉菌には良い作用が。

ここでは、テーマ3の“溜めない!”に注目したレシピをご紹介します。アイデアが詰まったレシピを提案してくれたのは、料理家の堤人美さんです。

溜めない! 食物繊維たっぷりでお腹も満足。

レタスの蒸し鍋

スープは不要、さっと蒸すだけ。しんなりレタスがやみつきに。
生だと食べきれない量のレタスも、鍋にすればあっという間。叩いたえびにしっかり味を付けておくことで、スープまでおいしくいただける。最後にのせるせりは、香菜や春菊など、好みの香り野菜に代えてもOK。

溜めない食材
1…レタス、2….独特の香りに解毒効果があるとされる、食物繊維が豊富なせり

【材料/1人分】
レタス(横半分に切ったもの。芯があれば除く)…1/2個、せり…1/3把、えび(むきえび、ブラックタイガーなど)…150g、A[しょうが汁…小さじ1、酒…大さじ2、しょうゆ…小さじ1、塩…適量]、B[オリーブ油…大さじ1、水…1/2カップ、酒…大さじ2]

【作り方】
1、えびは、あれば殻と背わたを除く。包丁で細かく叩いてボウルに入れ、Aを加えて混ぜる。
2、鍋にレタスを切り口を上にして入れ、1を全体にのせる。Bを加えて蓋をし、強めの中火にかける。蒸気が出たら弱火にして、4〜5分蒸し煮にする。3cm幅に切ったせりを散らす。

【作り方のポイント】

調味したえびは、味が全体に行き渡るように、ところどころ葉の間に入れながら、レタスの断面の全体にのせる。

あさりと豆腐、わかめの柚子こしょう鍋

腸に嬉しい食材がいっぱい。シンプルながら滋味深い鍋。
オリゴ糖が豊富な豆腐と、食物繊維の宝庫であるわかめを、あさりのうまみと柚子こしょうのアクセントで上品に。シメには断然、蕎麦がおすすめ。

溜めない食材
1…オリゴ糖を多く含む大豆製品、豆腐、2…わかめは水溶性食物繊維が多く、腸内環境を整えてくれる

【材料/1人分】
あさり…100g、塩蔵わかめ…10g、豆腐…1/2丁、A[水…2カップ、酒…大さじ3、薄口しょうゆ…小さじ1、柚子こしょう…小さじ1/2]

【作り方】
1、あさりは塩水に1時間浸けて砂出しし、水でこすり洗いする。塩蔵わかめはさっと塩を洗い流し、水に10分ほど浸けて戻してから、ひと口大に切る。豆腐は3cm角に切る。
2、鍋にAとあさりを入れ、あさりの口が開くまで弱めの中火で5分ほど煮る。豆腐とわかめを加えてさっと煮る。

堤 人美さん 料理家。生まれ育った京都の家庭の味をベースに、ほっとするレシピを雑誌や書籍で発信。焦げをうまみとして楽しむテクニックが満載の新刊、『焼き煮込み』(学研プラス)が好評。

※『anan』2021年11月24日号より。写真・津留崎徹花 料理作製・堤 人美 スタイリスト・久保百合子 取材、文・新田草子

(by anan編集部)