下腹部を温めてくれる優秀温活アイテムをご紹介。取材を通して、数多くのフェムケアグッズを試してきたというライターの長田杏奈さんに、今フェムケア温活が文字通り“HOT”な理由とオススメのアイテムを伺いました。

温故知新コンビは、女性の不調の強い味方。

女性のカラダ、とくに婦人科系の健康を大事にすることを意味する「フェムケア」。カラダを温めることによってフェムケアを叶えるグッズは、この冬ぜひ取り入れたいアイテム。

「フェムケアという言葉が日本でも話題になり始めたのは、2019年頃です。この新しい言葉ができたことにより、たとえば月経時の不快感など、それまで我慢をするものだと思われてきた女性のカラダ特有の不調が可視化され、技術やアイテムで改善しようという動きが活発になってきました。一方、女性はお腹や腰まわりを温めようという考え方は、古くからあったもの。『フェムケア温活』は、そんな温故知新を掛け合わせた相性のいいコンビといえるのでは。最近は、まさにフェムケア温活にピッタリのグッズも出ていますし、長年親しまれてきたグッズのなかに、実はフェムケア温活にも向いていると改めて人気になっているものもあります」(ライター・長田杏奈さん)

そこでフェムケアの取材をすることも多い長田さんに、おすすめ商品を紹介していただきました。下腹部を温める機能が備わった吸水ショーツなどフェムテック系のアイテムや、女性におなじみのブランドのカイロなどで、婦人科系の不調をガードしましょう!

長田さんが選んだ6アイテム

ショーツに貼るあったかシート

無農薬よもぎが織り込まれていて、下半身からカラダを温められるナプキン型のパッド。「老舗メーカーで安定感あり」(長田さん)。優月美人 よもぎ温座パット 6個入り¥1,037(グラフィコ カスタマーセンター TEL:0120・498・177)

下腹部を温める吸水ショーツ

ボクサー型の吸水ショーツ。「腹部にはテラヘルツ鉱石パウダーがプリント。2枚重ねのぬくもり設計」。ベア シグネチャーショーツ02¥7,590(ベアジャパン TEL:0120・679・279)

カイロポケット付き 吸水ショーツ

お腹を優しく包み込む吸水ショーツ。「前面にカイロ用のポケットが付いているのがポイント」。ムーンパンツ ハイウエスト ブラック¥7,480(ラブピースクラブ TEL:0120・953・129)

冷えが辛い女性向けカイロ

女性保健薬でおなじみの命の母はカイロも展開。「よもぎや生姜などから抽出した香りと、約40°Cの温かさが心地いい」。命の母カイロ(貼るタイプ)10個入り¥770(小林製薬お客様相談室 TEL:0120・5884・35)

ライフスタイルブランド発のおしゃれ温活インナー

「カシミアやコットンといったナチュラル系の素材を使用。血流を妨げるような締め付けなし。ボディスーツのクロッチ部分に、スナップボタン付き。右・Organic Cotton ベリーウォーマー ナイトショーツ¥3,520 左・カシミヤMIX ボディスーツ for BALANCE¥13,200(エミリーウィーク/エミリーウィーク ニュウマン横浜 TEL:045・534・5381)

まだまだある! 編集部厳選アイテム

1.腹巻きと温感素材を搭載し、ダブルであったか。ソフィ オーガニックコットンW 温活ショーツ¥3,278*編集部調べ(ユニ・チャームお客様相談室 TEL:0120・423・001)

2.蓄熱素材のα‐オーラ(R)綿を使用し、一日中ポカポカ。Onde miu ビューティーショーツ¥5,800(シルキースタイル TEL:03・5401・3031)

3.温熱治療ができる一枚。スーピマコットン 超立体×メディカーボン(R) ホクホク!サニタリーショーツ(一般医療機器)[製造販売届出番号:29B1X10001000002]¥5,390(ボディヒンツ/タカギ TEL:0744・22・6551)

長田杏奈さん ライター。女性誌やウェブで、美容やフェムケアについての記事を執筆。著書『美容は自尊心の筋トレ』(Pヴァイン)は固定観念に縛られない美のあり方を提示し、ロングヒット。

※『anan』2021年12月22日号より。写真・中島慶子 取材、文・保手濱奈美

(by anan編集部)