冬の定番、ハイネック、タートルネックセーター。首までしっかり暖まるので重宝しますが、いっぽうで「首が短く見える」「顔が大きく見える」といったお悩みも絶えません。そこで今回は着こなしが難しいハイネック、タートルネックの小顔見えコーデのコツをご紹介します。

薄手のタートルネックセーターは〈Vネックカーディガン〉と

体にピタッとフィットする薄手のタートルネックセーター。ボディラインにフィットするからこそ、体の肉感を拾ったり顔の大きさを際立たせたりしやすいです。そんなタートルネックセーターは、あえて上からざっくりとしたミドルゲージのVネックニットカーディガンをONすると良いでしょう。カーディガンのVネックは切り込みが深いほど、上半身がスッキリして見えます。

タートルネックセーター単体では顔のラインを強調しますが、そこに重ね着を加えると顔・体のラインへの視線を分散させることができるので顔まわりが気にならなくなります。さらにプラスアルファで小物も上手に活用しましょう。バケットハットは顔まわりに影を作るため、フェイスラインをシャープに見せます。ネックレスはショートとロングを重ねづけして、縦長のラインを強調すると良いですね。

コーデ全身がおしゃれに仕上がっているほどフェイス・ボディラインが気にならなくなります。ぜひ重ね着、小物アイテムを上手に活用してみてください。

ゆったりハイネックニットは「Aラインシルエット」を

ハイネックは首回りにゆとりがあるほど、小顔効果が高いです。なので、タートルネックへの苦手意識が強い方はまずミドル、ローゲージのハイネックニットを取り入れるのがおすすめ。とくにリブが太く、ネックラインの立ち上がりがキレイなニットはシルエットが美しく、重宝しますよ。

首まわりがボリューミーなハイネックニットは、基本的に身頃もゆったりとしたオーバーサイズシルエットが多いでしょう。となると横幅が広くなるのでボトムスはできるだけ細身のパンツやスカートがよいでしょう。また、ニットの編み方にも注目を。幅広ニットはその分、太って見えやすいので編み地が立体的な、あぜ編みニットでシャープな印象を持たせると良さそうです。

おすすめのコーデは、ロング丈のカットソーをレイヤード+細身のフレアニットパンツを組み合わせた着こなし。今っぽいシルエットが簡単に実現できるだけでなく、動きやすくて楽ちんですのでワンマイルコーデにぜひ。

ヘアアレンジとの兼ね合いも重要ポイント

薄手のタートルネックは、髪型をきっちりまとめると顔のラインが前面に出るので注意しましょう。まとめる際はふんわりと空気感のあるような巻き髪のダウンシニヨン、ダウンポニーテールで柔和な印象に。反対に、ゆったりしたハイネックニットはハイネックのシルエットの邪魔にならないよう、コンパクトにまとめるのが好バランス。トータルバランスも考慮して取り入れるとさらなる小顔効果が期待できるので取り入れてみてくださいね。

文・イラスト 角佑宇子