仕事に自信が持てるよう、日々、努力することが大事。

小学生の時からの幼なじみで、上京してからもずっと定期的に会っている助産師の友だちがいます。1人目の子どもを妊娠した時から、「お腹が張るんだけどどうすればいい?」と相談するなど頼っていました。最近は、2人目が生まれて手が回らないこともあるのですが、その子は家に遊びに来るたび、娘の沐浴をしてくれるんです。それだけでなく、体を拭いて、クリームを塗って寝かせるところまで。しかも、背中を洗いながら、「この時に湿疹がないかを確認します」「怖がるかもしれないけど、頭はしっかり洗って大丈夫だから」といろいろ教えてくれる。すごく勉強になるのと同時に、なんて贅沢な授業を受けているんだろうと思わずにいられません。普通、仕事でやっていることをプライベートでまでやりたいとは思わないと思うんです。実際、私は、仕事じゃない場所で「ネタをやって」と言われてもやりたくないし、結婚式の余興さえ嫌がることもあるくらい。それなのに無償でやってくれるので、すごくありがたいなと。彼女にとっては、赤ちゃんと会うことが癒しになるそうで、夜勤明けでクタクタでも、新生児室の赤ちゃんを見てから帰るそうなんです。私の子どもにもよく話しかけていて、こんなに赤ちゃんに愛情を持って接しているのかと思うと安心しますよね。そんなふうに、友だちの仕事をしている時の顔を見ることは、なかなかないから新鮮ですし、尊敬せずにはいられません。とはいえ、働いているのと一緒だと思うので、「お返しにネタやろうか?」と言うのですが、「いいよ、見たくないよ」と断られてしまいます(笑)。

仕事の時の顔を見せられるのは、自分の仕事ぶりに自信がある証拠だと思うんです。だから、まずは日々の仕事に向き合って経験を積むことが、自信を持つための第一歩になりそう。私も、“スベりそうだからやりたくないな”と余興を断るのではなく、仕事の顔を見せられるように頑張ります!

よこさわ・なつこ 芸人。“ちょっとイラッとくる女”のモノマネで大ブレイク。婚活で培ったテクニックをまとめた著書『追い込み婚のすべて』(光文社)が発売中。昨年10月に第二子を出産。

※『anan』2022年1月12日号より。写真・中島慶子 文・重信 綾

(by anan編集部)