便利で美味しい冷凍食品は、日々の食事やお弁当作りに欠かせません。20代〜30代の女性が集まるアンアン総研メンバー約200人にオススメの「冷凍食品」をリサーチしました!

女性約200人に聞いたオススメ「冷凍食品」

電子レンジで温めたり、湯煎したり、フライパンで炒めたりするだけであっという間に一品出来上がる冷凍食品。しかも、美味しいですよね!

ライフスタイルに関心の高い20代〜30代の女性が集まるアンアン総研メンバー約200人にオススメの「冷凍食品」を聞きました。

餃子

「味の素冷凍食品の『レンジで3分焼きギョーザ』が好き。冷凍餃子と言えど、フライパンを使用したら洗わなければならず、一気に家事感が出てしまいます。この商品はレンチンで餃子が作れるので重宝しています! いつでも食べられて、片付けいらずなので常にストックしています」(29歳・専門職)

「味の素冷凍食品の『ギョーザ』。失敗しないし、皮がモチモチしていて、間違いない美味しさ」(34歳・専門職)

「大阪王将の『ぷるもち水餃子』は特に生地が美味しい。もちろんそのままでも美味しいし、スープや鍋に入れるなどのアレンジもしやすい。ちょっと物足りない時にぴったり」(28歳・専門職)

「大阪王将の冷凍餃子が好きで、よく買っています。食欲をそそる匂いがたまりません!」(34歳・会社員)

今回のアンケートで一番多かったのが「餃子」でした。中でも、味の素冷凍食品と大阪王将の餃子は群を抜いた人気。手づくり餃子もとっても美味しいのですが、その分超手間がかかりますよね。しかも、焼くのもちょっと難しい…。一方、冷凍餃子は、フライパンで焼くだけのものは失敗知らずだし、電子レンジでチンするだけでも美味しくいただけます。今回筆者は味の素冷凍食品の『ギョーザ』を買ってみました。



何度も購入していますが、油も水もなしで、羽つき餃子がこんがり焼き上がります! 

長崎皿うどん

「ニッスイの『わが家の麺自慢 長崎風皿うどん』は麺がパリパリで本場の皿うどんも顔負けの美味しさ」(33歳・会社員)



こちらも買ってみました! 一番驚いたのは…



具材がたっぷり入っていること! 特にお野菜がたくさんはいっていて、食べ応え抜群。また、麺は揚げられていてパリパリなのに、油っぽさがほとんどありませんでした。そのまま食べても美味しく、筆者は餡を温めている間、何度かつまみ食いをしてしまいました。
リモートワーク時のランチレパートリーに仲間入り決定です。

エスカルゴ

「ピカールのエスカルゴは、ちょっとしたおつまみにもちょうどよくてオススメ」(33歳・会社員)

フランス発の冷凍食品専門店ピカール。「美味しさ」「品質」に加え「食欲をそそる美しい見た目」にもこだわっているそう。毎日の食卓だけではなく、ちょっとした手土産としても人気です。

セブン-イレブン 金のマルゲリータ

「オーブンで焼くなど、少し面倒ではあるけど本格的な味がする!」(28歳・会社員)



世界ピッツァ選手権2年連続優勝の、中目黒『Pizzeria e trattoria da ISA』オーナーシェフ、山本尚徳さん監修の冷凍ピザです。山本さんのお店と同じ イタリア産トマトソース、モッツァレッラ、エクストラバージンオリーブオイルが使用されています。

冷凍食品は、そのほとんどが一度温めるだけ、一度炒めるだけと、工程がお手軽なのがポイントです。しかし、このピザはコメントにもあるように、電子レンジ等で解凍したあと、オーブンで焼きあげる、という2工程必要です。少し時間もかかり、正直、「手軽にピザを」ではありません。しかし、



(ちょっと焼きすぎてしまいましたが)食べてみると、生地の美味しさが印象的で、お店で食べるピザのように、心地よい焦げも感じられました。「ご家庭に本格的なナポリタイプの冷凍ピッツァを届けたい」という山本さんの思いが伝わります。

ちなみに、セブン-イレブンの冷凍食品は他も人気のものがあり、

「担々麺は本当に美味しいです。ハマりすぎて、週に1回食べていたことがあります」(26歳・会社員)

「鍋焼きうどん。うどんがもちもちしている。またお餅も入っていて、満足度が高い」(34歳・専門職)

という意見がありました。
特に担々麵は私も大好物。こちらも「金のマルゲリータ」同様、ちょっと手間がかかるのですが、ゴマの風味が濃厚さと心地よい辛さにハマり、何度もリピートしています。

その他オススメ

「カルディのシナモンロールは、自然解凍ではなく電子レンジで温めるだけですぐ食べられる。とにかく美味しいのでオススメです!」(29歳・会社員)

「ポムの樹のオムライス。付属のケチャップ的なソースの味が美味しい。レンジ調理なのに、意外と玉子が柔らかくて、忙しい日にありがたい!」(29歳・専門職)

「明治の『えびドリア』。ホワイトソースが美味しい。サイズが小さめなので、朝ごはんにピッタリ!」(29歳・専門職)

「ニチレイの『エビグラタン』。サイズ感が丁度よく、サラダとこのグラタンで1食になる」(34歳・専門職)

「オーマイBIGシリーズの大盛りパスタはお腹が空いたときにチンしてすぐ食べれらるので、ついストックしてしまいます」(32歳・専門職)

「冷凍フルーツは、おやつにつまんだり、夜食にも罪悪感なく食べやすい」(28歳・会社員)

「ごぼう、ほうれん草、里芋などの下処理が少し手間な野菜の冷凍はよく使います」(29歳・会社員)

「冷凍チャーハンを春巻きの皮で包んで、北京ダック風チャーハンを作るのが好きです! 少し変わった食べかたですが、美味しいのでぜひ試していただきたいです!」(30歳・会社員)

みなさん、冷凍食品をうまく活用したり、アレンジしているようですね。

冷凍食品を上手に頼ろう

ひと昔前まで、冷凍食品は「手抜き料理」「美味しくない」というネガティブなイメージもありました。しかし、調理や洗い物の時間が短縮されることで、自分の時間が確保できます。また、冷凍食品は、できたてや旬のものを急速冷凍しているので、とても美味しく、冷凍保存が基本なので、保存料が使用されていないものも多いのです。
冷凍食品を活用して、毎日の食事作りのストレスを軽減しましょう!

文・小田原みみ