タンパク質不足は美容の危機を招く!

最近巷でよく見るプロテイン入り食品。筋トレのお供でしょ、なんて思っていたら大間違い。管理栄養士の浅野まみこさんは、全ての人に欠かせない栄養素だと力説する。

「プロテイン=タンパク質は筋肉や肌などの材料で、体重の約15%を占めます。しかし時短で簡単な食生活の人や、特に少食になりがちな女性は摂取量が不足しやすい。タンパク質が足りないと筋肉が減ったり、肌や髪、爪がボロボロになることも」

タンパク質不足を防ぐには、毎日何をどのくらい食べればよいのか。

「成人女性が1日に必要なタンパク質の目安は、体重1kgあたり1gで、体重50kgの人なら50g。食材で考えると、1日に鶏胸肉皮なしで約200g、卵なら8個とかなりの量。もちろん食事から摂るのが理想的ですが、毎日続けるのは難しいかもしれません。タンパク質不足だと感じたら、吸収率がよくなる朝の食事や運動後のおやつに、プロテイン食品を取り入れるのもよいと思います」

プロテインひろこさん太鼓判。初心者におすすめの鉄板プロテイン!

食べやすくて美味しくて続けやすい。数あるプロテイン食品の中でも代表的な3タイプの中から、プロテインひろこさんのお気に入りを教えてもらいました。

ドリンクタイプ

パウダーを水や牛乳で溶くだけ、忙しい朝のごはんにぴったり。高コスパ商品や、初心者向けに登場している少量タイプも試しやすい。

A、タマチャンショップ「タンパクオトメ」
ホエイとソイのプロテインを配合。「ヨーグルトに混ぜたりコーヒーで割るアレンジも」(ひろこさん)。1食15gあたりタンパク質11g以上、56kcal。すこやか朝バナナ260g¥2,980(タマチャンショップ TEL:0120・385・246)

B、ハリウッドコスメティックス「ソイプロビューティ」
大豆プロテインとそら豆プロテインをブレンド。「100%植物由来成分で白砂糖、香料フリー」。1食20gあたりタンパク質10g、77.4kcal。レギュラー 200g¥3,780(ハリウッド化粧品 TEL:0120・430334)

C、武内製薬「THE PROTEIN」
ホエイプロテインを採用。「価格が高騰しているホエイ。こちらは高コスパなので続けやすいはず」。1食30gあたりタンパク質22.5g、119kcal。ロイヤルミルクティー 1kg¥2,980(武内製薬 TEL:03・6804・6659)

バータイプ

持ち運びに便利だしそのまま食べられるので、おやつ代わりに。カロリーはそれなりにあるので、1日1本までにするべし。

A、丸菱関東販売「A SOYCHOCOチョコレート味」
甘味としてラカントを使用。「大豆パフのザクザク食感で食べ応え抜群。糖質を抑えたい人におすすめです」。1本あたりタンパク質12g、150kcal。¥181*編集部調べ(丸菱関東販売 TEL:03・6712・4016)

B、トップバリュ「プロテインバー シリアルチョコ」
女性に嬉しいコラーゲンや鉄も配合している。「プロテイン業界で衝撃の高コスパアイテムを輩出したブランド」。1本あたりタンパク質15g、187kcal。FORビューティー¥138(イオン TEL:0120・28・4196)

C、クレバー「チョコがおいしいプロテインバー」
ホエイとソイのプロテインを使用。「糖質控えめ。焦がしバターとローストアーモンドの香ばしい味」。1本あたりタンパク質15g、206kcal。ビターチョコレート¥194(ネイチャーラボ TEL:0120・199・511)

スープタイプ

食事にプラス1してタンパク質を補える、優秀アイテム。冷凍野菜やオートミールをプラスすれば、立派な主食に早変わり。

A、アサヒグループ食品「スリムアップスリム野菜ポタージュ」
21種類の野菜の旨味が生きる。「栄養たっぷりなので、おきかえ食や+1アイテムに」。1食60gあたりタンパク質27g、191kcal。360g¥2,262*編集部調べ(アサヒグループ食品 TEL:0120・630611)

B、ポッカサッポロ「きちんとチキン 鶏だし白湯スープ」
鶏ムネ肉具材入りで大満足。「私はオートミールやモズクをちょい足しして、よく食べています」。1食あたりタンパク質10g以上、85kcal。¥216(ポッカサッポロフード&ビバレッジ TEL:0120・885547)

C、マッスルデリ「プロテインコーンスープ」
コーンの風味がしっかり。「とろり濃厚で、ホット、アイスどちらも美味。ギフトにしても喜ばれます」。1食あたりタンパク質15.1g、103kcal。7食セット¥2,268(マッスルデリ TEL:03・6555・5029)

浅野まみこさん 管理栄養士。株式会社エビータ代表。経験を生かし、食のコンサルティング、商品やレシピの開発、講演などを行う。著書『コンビニ・ダイエット』(星海社新書)は、健康的に痩せたい人の必読書。

※『anan』2022年5月4−11日合併号より。写真・中島慶子 取材、文・風間裕美子

(by anan編集部)