長引くマスク生活で、たるみやむくみなど、顔の変化を感じている人が続出中! そこであらゆるマスク老けと速攻サヨナラできる、頭がい骨の縫合部に沿ってほぐすメソッド「縫合ツボほぐし」を伝授。教えてくれたのは、整体師の吉田佳代さんです。

顔の左右のバランスを整える。

左右の頭頂骨をつなぎ、頭部のセンターライン(正中線)を走る「矢状縫合(しじょうほうごう)」。この縫合部が歪んでいると、顔がアンバランスに。目や口など各パーツのズレが増し、見た目に大きな影響を及ぼすので、しっかりほぐしてシンメトリーな顔をゲット!

顔の歪みリセットに効くのは…矢状縫合

ポイントになるツボ
前頂(ぜんちょう)…髪の生え際から指4本半ほど後ろ。顔のむくみ取りに効果的なツボ。

百会(ひゃくえ)…折り曲げた両耳の先端を結ぶ線の中央と正中線が交わる場所。自律神経を整える。

後頂(ごちょう)…百会から指2本ほど後ろにあるツボ。不眠に効き、肌ツヤアップ。

強間(きょうかん)…後頂からさらに指2本ほど後ろの場所。顔の血行を促進できる。

HOW TO 矢状縫合ほぐし

【STEP1】
前頂の横に小指がくるように、矢状縫合に沿って、両手の親指以外の4本の指をあてる。5秒かけて指を外側にすべらせ、横に広げる。さらに縫合に沿って、指をあてる位置をやや後ろにずらして、同様に横に広げる。

【STEP2】
矢状縫合を人差し指と中指でジグザグに触り、ボコボコしていたり、硬くなっている箇所を探す。そこが特に歪みが強い箇所なので集中的にほぐす。STEP1と同様に、4本の指で、5秒かけて横に広げる。これを2回繰り返す。

吉田佳代さん 整体師。手技療法士等さまざまな資格を持ち、施術実績は6万人以上。サロンのプロデュース、プロ向け技術指導、美容商材の監修にも携わり、近著『たった10秒で小顔になる頭のツボ』(SBクリエイティブ)では、1か所10秒で効果を発揮する頭のツボ押しを紹介している。

※『anan』2022年6月1日号より。写真・中島慶子 ヘア&メイク・浜田あゆみ モデル・パク・メイディ 取材、文・鈴木恵美

(by anan編集部)