一日動かして疲労が溜まったふくらはぎは、ペットボトルを使ってほぐせばむくみが改善。押したり転がしたりが簡単にできるので、手や腕も疲れにくい。毎日続けて、スラッとした膝下を目指そう。モデルの石井亜美さんの教えで、アンジュルムの川村文乃さんがトライ!

ふくらはぎマッサージ

【START】
容量500mlの空のペットボトルを用意。中に入れるのは水でもOKだけど、40°Cくらいのぬるま湯を使うと血流促進効果がアップする。

1、骨に沿って溜まった老廃物を押し戻す。1分。
膝下の前面にある脛骨の内側に、ペットボトルの底を押し当てる。足首から始めて、下から上へ少しずつ移動しながらプッシュ。

2、パンパンに張っている脚の側面を柔らかく。1分。
脛骨の外側についている筋肉をほぐす。足首にペットボトルの側面を当てて、下から上へ転がすだけ。張っている人は念入りに。

3、ふくらはぎでペットボトルを転がすだけでOK。3分。
床に置いたペットボトルにふくらはぎをのせる。ボトルを上下に転がしたり、ふくらはぎをボトルの上で左右に転がしたりしてほぐす。

4、リンパ節をほぐしてむくみをケア。5秒。
床にペットボトルを立て、キャップ部分で膝裏をプッシュ。5秒ほど押したら離す。以上を3回。膝裏の詰まったリンパ節をほぐす。

ふくらはぎエクササイズ

ふくらはぎ悩みは人それぞれ。筋肉の少ない脚と、立派な筋肉がついたししゃも脚とでは、別々のアプローチが必要。筋肉の少ない人は、動かして流す方法、ししゃも脚なら固くなった筋肉をほぐす方法をとりましょう。

筋肉なしさんエクササイズ

1、ふくらはぎを使ってかかとを床から上げる。
椅子の背もたれに手をのせてバランスをとりつつ、つま先立ちに。ふくらはぎの筋肉を使っていることを意識して。

2、かかとを下ろしてまっすぐに立つ。交互に10回。
そのままかかとを下ろして立つ。背筋を伸ばして、カラダの軸はまっすぐにキープ。1と2の動きを交互に繰り返す。

3、リズミカルな動きでポンプ機能を助ける。交互に10回。
つま先は床につけたまま離さず、左右のかかとを交互に上げ下げ。筋肉が伸縮を繰り返すことで、ふくらはぎの巡りがスムーズに。

ししゃも脚さんエクササイズ

1、縮んだふくらはぎを思いっきり伸ばす。30秒。
椅子の背をつかみながら立って、片脚を後ろに、もう片脚は膝を曲げて前に出す。かかとを後ろに突き出し、ふくらはぎを伸ばす。

2、体を後ろに引いて前脚の筋肉を伸ばす。30秒。
後ろ脚の膝を曲げて体重をのせ、前脚のふくらはぎを伸ばす。左右の脚を替えて、1と2を繰り返す。

教えてくれた人・石井亜美さん モデルとして活躍。7年ほど前から、YouTubeでエクササイズやマッサージ法などの美容情報を発信するように。著書『日本一親しみやすいモデルが教える 太らない体のつくり方』(KADOKAWA)が好評。

かわむら・あやの ハロー!プロジェクト所属のアンジュルムでサブリーダーを務める。「脚はチャームポイントですが、むくみやすいのが悩み。ライブなどで特に疲れた日は、便利なアイテムに頼って翌日に疲れを残さないようにしています」

トップス¥6,380 ショートパンツ¥5,940(共にスナイデル ホーム/スナイデル ホーム ルミネ新宿2店 TEL:03・6258・1126)

※『anan』2022年6月29日号より。写真・小笠原真紀 スタイリスト・仮屋薗寛子 ヘア&メイク・pakuchan(Three PEACE) 取材、文・風間裕美子

(by anan編集部)