来たる6月28日(火)は“パフェの日”とされており、パフェの愛好家とパフェを扱う洋菓子業界が制定した日なのだとか。また、この季節はアイスやさわやかなフルーツがのったパフェが食べたくなるという人も少なくないでしょう。そこで今回は、どのパフェを食べたいかにより「あなたの完璧主義度」がわかる心理テストをご紹介いたします。

Q.次のパフェのなかで、あなたが食べたいものはどれですか?

A:チョコバナナパフェ
B:ブドウパフェ
C:メロンパフェ
D:イチゴパフェ

あなたはどれを選びましたか? さっそく結果を見てみましょう。

この心理テストでわかるのは?

あなたの完璧主義度

深層心理において、フランス語で「完璧な」という意味を持つパフェは、おいしさだけでなく見た目のバランスも重要視された食べ物であることから、あなたの細部へのこだわりを反映します。そして、パフェの種類はあなたの感性を表します。そのため、食べたいパフェにより「あなたの完璧主義度」を探ることができるのです。

A:「チョコバナナパフェ」を選んだあなた……完璧主義度30%

あなたはわりとマイペースで、そのときの気分に従って生きるタイプかもしれません。人当たりがよく、細かいことは気にしないため、友だちもきっと多いはず。

しかしそれだけに、楽しいことや自分の用事を優先するところがあり、それにより周りからの信頼が損なわれてしまうこともありそう。物事を途中で放置してしまいたくなることもあるかもしれませんが、大事な要件は責任を持って最後までやり遂げるようにするといいでしょう。

B:「ブドウパフェ」を選んだあなた……完璧主義度75%

あなたは自分への厳しさと周囲への配慮を持ち合わせていそう。自分の好きなことに没頭する一面を持ちつつも、周りの空気を読むことができるため、没頭しすぎていると気づいたときには、すぐに軌道修正するはず。ただ、どうしてもやりたいことがあったりすると、時間も忘れてのめり込んでしまうところがありそう。

その熱中の仕方は、いつもの穏やかなあなたからは想像がつかないほどかもしれません。特にモノづくりに対する情熱は、相当なものなはず。寝る間も惜しんで徹底的にやり遂げようとするでしょう。そこまで熱中できるものがあることは良いことでもありますが、つい頑張りすぎてしまうようなので、無理をしないように気をつけて。

C:「メロンパフェ」を選んだあなた……完璧主義度90%

あなたは細かいところまでこだわる、いわゆる完璧主義タイプなのでは? 何ごともキッチリと計画しなければ、気がすまないところもありそう。

それゆえに周囲からの信頼度もバツグンなあなたですが、完璧を求めすぎるがために失っているものもありそう。ときには周りにあわせて、「このくらいでもいいか」と妥協してみてはいかがでしょうか。そうすれば、完璧を求めていたときにはなかった、新たな幸せを得ることができるかもしれません。

D:「イチゴパフェ」を選んだあなた……完璧主義度55%

あなたはバランス感覚に優れ、「何事もほどほどが良い」という感性の持ち主なのでは? いわゆる適度にソツなくこなすタイプかもしれません。

効率よく取り組むために、きちんと物事を吟味したうえで行動するあなたは、ムダな選択はほとんどしないでしょう。しかも、大切なことやここ一番というときには思い切りよくアクションを起こすため、要領よく世の中を渡り歩くことができていそう。

ただ、効率ばかりを重視していると、たまに足元をすくわれる場合もありそう。そのため、ときには非効率なやり方を選択してみてもいいのかもしれません。

おわりに

完璧を求めることで、人に安心感を与えたり、信頼を獲得できたりする場面もあるでしょう。しかし一方で、完璧であろうとすることがストレスになってしまうこともあるはず。人はそもそも完全な存在ではありません。完璧じゃない自分を許すことも、ときには大切なのかもしれませんね。

脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター

株式会社ヒューマン・ライフ出版代表取締役社長、企業占術鑑定士、大学講師、秀心寺住職。

©Mihoko Yamamoto/gettyimages

文・脇田尚揮