ケア方法を知ればQOLは高まる。

人には聞きづらいけれど、毛量やにおいなど、アンダーヘアに関する悩みを抱えている女性は少なくないはず。とくに夏は水着になる機会などもあるため、気になる場面も多いのでは? ここ数年、専門サロンでVIO脱毛をする女性が増えるなど関心が高まっている一方、「サロンでの脱毛に抵抗がある」という人もまだまだ多いのが現実。自宅で快適に除毛ができる方法はあるの? VIO専用シェーバーを開発したメーカーの担当者さんにお話を伺いました。

※20〜30代のanan総研メンバー150人にアンケート。

Q、アンダーヘアに関するお悩みはなんですか? 

毛の量が多い、範囲が広い…39%、セルフケアの方法がわからない…34%、におい…15%、かゆみ…4%、その他…8%

毛量やにおい、セルフケア方法などアンダーヘアに関する悩みはさまざま。周囲の人に相談しづらいため、解決策も見つけにくい。

Q、専門サロンでVIO脱毛をしたことはありますか?

現在している…38%、以前はしていたが続かなかった…48%、したことがなかった…14%
近年、話題になることが増えた専門サロンでのVIO脱毛。なんと8割以上が経験済み。でもその半数以上が続けていないという結果に。なかなか定着化はしてない様子。

Q、専門サロンでVIO脱毛をしている方以外に質問。どのようにセルフケアしていますか?

カミソリ…65%、何もしない…14%、専用除毛アイテム…7%、ハサミ…7%、脱毛クリーム…7%
セルフケア派の6割以上はカミソリを使い、除毛をしているよう。しかし肌荒れや剃りにくさなど問題は多く、セルフ除毛の方法に頭を悩ませている女性は少なくない。

Q、専門サロンでVIO脱毛をしている方以外に質問。抵抗を感じる理由はなんですか?

1位:金額が高い
2位:恥ずかしい
3位:必要性を感じない
4位:面倒くさい

専門サロンでのVIO脱毛に興味がある女性は多いものの、金額面から躊躇してしまうという人が約半数。次いで「恥ずかしい」と答える女性も3割ほどいました。

My Femcare:そわんわんさんはどうしてる?

正しく処理することで以前よりずっと快適に過ごせるように!
以前はハサミを使って半年に一回セルフケアをしていましたが、約2年前から、サロンでVIO脱毛をするようになりました。水着や下着からアンダーヘアがハミ出す心配もないし、生理の時に経血が絡まないのも快適。デリケートゾーン用のソープ&オイルを使ってケアしていますが、自分で処理をしていた時よりずっと楽になりました。

そわんわん 1999年2月19日生まれ、和歌山県出身。「お友達系YouTuber」として女性の支持を集めている。最近は、プラスサイズモデルとして雑誌や広告でも活躍中。

ブラウス¥7,700(リーバイス/リーバイ・ストラウス ジャパン TEL:0120・099501) 中に着けたブラ※ショーツとセット¥11,880(ニーミー/ニーミーカスタマーセンター ec@shop-neemee.com) パンツ¥14,000(ノーク バイ ザ ライン/ノーク TEL:03・3669・5205) ピアス¥39,600(バージュエリー/ジェムプロジェクター TEL:03・6418・7910)

おすすめ解決アイテムはコレ!

進化したネット刃でさらにスピーディ&ツルツル肌に。

VIOフェリエ ES‐WV61

デリケートゾーンの毛を、簡単にセルフ除毛できるVIO専用シェーバー。小さめのヘッドは細かい部分にもフィットし、肌あたりもやさしく、毛をしっかりキャッチしてカットしてくれる。2種の刃と2種のアタッチメントを組み合わせて、ボリュームダウンやツルツル仕上げなど、好みのお手入れができるのも嬉しいポイント。バスタイムに使える防水仕様(IPX7相当)で、本体を洗えるのでいつでも清潔。脱毛サロン前の自己処理にも。

5月に発売された最新モデルは、ネット刃の縦幅と間口幅が進化してより時短でのセルフケアが可能。オープン価格(パナソニック理美容・健康商品ご相談窓口 TEL:0120・878・697)

商品の魅力をメーカー担当者に深掘り!

デリケートなVIOのお手入れを安心してケアできる専用シェーバー。

長らくアンダーヘアを処理する文化がなかった日本人も、フェムケア意識の高まりとともに、VIOの脱毛・除毛をするという人が急増中。セルフケア派から支持されているのが、VIO専用シェーバー「VIOフェリエ」。初代のモデルが誕生したのは2020年のこと。

「製品の構想が始まったのが、ちょうどテレビで脱毛サロンのCMが流れ始める前(5年ほど前)のことでした。日本でもアンダーヘアの処理について関心が高まっていましたが、処理方法はT字型のカミソリが主流という頃。でも、デリケートな肌へのダメージやケガの心配、処理時間がかかることへのストレスなど、不満を抱えながら使っている人が多かった。不便さを解消すべく商品開発をすることに」(商品企画・堀三佳さん)

すでにボディ用やフェイス用のシェーバーを手がけていたこともあり、安全かつしっかり剃れる刃のノウハウはあったものの、VIO用となると思わぬ苦労があったそう。

「ヘッドの形状が難問でした。ほかの部位に比べて、毛が太くて長いし、粘膜が近くて複雑な形状をしているパーツで、しかも自分では処理しているところはとても見えにくい。とくにIゾーンはお手入れが怖いというお声が非常に多かったです。何度も試作を重ねて、安全性をチェックし、最終的にヘッドは、Iゾーンに最も適した幅31mmに設計しました」(堀さん)

ほかにもVIO専用シェーバーならではのこだわりが満載だ。

「太くて長い毛でもスパッと切れるように、ボディ用の3倍ものパワフルなモーターを搭載しながら、本体のサイズを小さくすることに苦心しました。また、使う時はペン持ちできるように、細めのグリップであることも譲れないポイント。また使っている最中に間違ってスイッチを押さないように、横スライドスイッチにしています。そして浴室で使えるように防水仕様に。分解して洗えるので掃除も簡単ですし、衛生的です」(堀さん)

秘められがちなデリケートゾーン事情だが、よりよい商品作りのために“リアル”も追求。

「モニターの方には実際に試作機を使った後、処理した部位の状態を見せていただくことも…。みなさんに恥ずかしがらずに、お話ししてもらえる環境作りも心がけました」(堀さん)

「どんな体勢で処理をしているか調べるために、クマのぬいぐるみをお送りして、シェーバーの当て方をクマで再現してもらったりもしました」(マーケティング・高橋瑠菜さん)

数々の難題をクリアした商品は、ユーザーからも好評だそう。

「一度使ったら手放せない、生活の質が上がったなど、嬉しいお声がたくさん!」(高橋さん)

最後に、美容アイテムのヒットメーカーであるパナソニックの次なるスローガンとは?

「最近はスチーマーを使っていただいている男性も多いし、光エステの購入者の4割は男性なんです。美容は女性だけのものではなく、ジェンダーレスになってきています。これまで培ってきた技術を活かして、男性も女性も、すべての人が心地よく過ごせるアイテムを作っていきたいです」(高橋さん)

※『anan』2022年7月27日号より。写真・北尾 渉(そわんわんさん) スタイリスト・石川美久 ヘア&メイク・加藤志穂(PEACE MONKEY) イラスト・REDFISH 取材、文・岡井美絹子

(by anan編集部)