どんなに暑い日でも薄着で出かけるのは危険。外の気温が高くなるほど、室内は冷房が効いてヒエヒエ…。時には冷蔵庫に放り込まれたかと思うほど極冷えの店内施設もありますよね。寒さに弱い女性にとって夏の冷房対策は必須事項! そこで今回は、室内外の気温差が激しい時に取り入れたい、冷房対策コーデをご紹介します。

ノースリーブワンピース+リブカーディガン

冷えやすい体質の方ほど、必須アイテムとなるカーディガン。できるだけ持ち運びのしやすい薄手タイプが人気です。しかし、シアー素材や透かし編みのカーディガンはあまり冷房対策には向きません。一番使い勝手が良くておすすめなのが定番のリブカーディガンですね。体にピタッとフィットするリブカーディガンは薄手ながらもしっかりと冷えから体を守ってくれます。

リブカーディガンはボディラインにフィットするシルエットが特徴的なので、インナーはノースリーブトップスを合わせるほうが服の上からラインが響きません。とくにノースリーブワンピースは合わせやすいアイテムですね。ただし、一点注意したいのはワンピースやスカートは足元がとくに冷えやすいので気をつけて。カーディガンと一緒に足首をしっかり温めるレッグウォーマー、もしくは薄手の腹巻きを持ち歩くと安心かもしれません。

ボレロつきアンサンブルトップス

昨今、トレンド入りしているボレロカーディガンつきのアンサンブルトップス。昨年の秋冬あたりからアンサンブルニットの人気が続いていましたが、今夏もその勢いは増しているようですね。この、アンサンブルトップスも冷房の効いた室内で過ごすのに最適なアイテムのひとつ。

室外ではボレロを脱いでシンプルに着こなす。室内ではボレロを羽織るといったように簡単に着脱できるので非常に便利です。また、アンサンブルは同色・同素材で作られているので、統一感のあるおしゃれな着こなしが実現します。

どのトップスに、どのカーディガンを合わせれば良いのかわからない…という着こなしに悩む方は、こうしたアンサンブルトップスを合わせることで失敗なくおしゃれを楽しめるのではないでしょうか。もし、着こなしに飽きたら、ボレロの代わりに薄手のオーバーサイズトップスを上から重ねるとまた雰囲気が変わってコーデのマンネリ化も防げます。

持ち歩きできる冷房対策グッズも見逃せない!

実は今年になってから、あるパーツに特化した小物アイテムが急増しています。先ほどご紹介したボレロを始め、レッグウォーマー、アームウォーマーといった小物がY2Kブームをキッカケにトレンド入りに。これらのパーツアイテムは冷房対策としても申し分なし! なによりカーディガンやジャケットより持ち運びしやすいのが魅力的ですよね。この他、折りたためる膝かけやパッカブルパーカーなどを持っておくのもおすすめですので、よかったら皆さんも試してみてくださいね。

イラスト 角 佑宇子