シックなインテリアにも好相性なモノトーン。

小物を収納するだけでなく、鉢植えのプランターカバーにしたり、さまざまな用途に使えるサイズ感が。軽量ながら耐久性があり、自然な風合いが感じられるのも魅力。φ28×H25cm¥12,100(HUBSCH/リビング・モティーフ TEL:03・3587・2784)

ホームパーティでも活躍! 仕切り付きのかごバッグ。

中央に仕切りがあるボルガバスケットは、ワインボトルを立てて持ち運べる便利なアイテム。ドライフラワーを飾ればインテリアのアクセントにも。W24×H19×D17cm¥5,940(AFRICANSQUARE/ELEMINIST)

立体的なマクラメ模様は、手仕事ならではの美しさ。

ラフィアで編まれたバケツ型のかごバッグは、優しい肌ざわりと軽やかさが特徴。マダガスカルの職人によって制作されたものをフェアトレードで仕入れている。φ21×H23cm¥6,600(AFRICANSQUARE/ELEMINIST)

リサイクルプラスチックを使った、地球に優しいバッグ。

どこかレトロな見た目のトートバッグは、ミラノ発のブランド『PALOROSA』のもの。バッグと同じ色合いの中布付きで使いやすいデザイン。クリーム色の底もチャームポイント。W22×H18×マチ8cm¥20,350(Pili TEL:03・6434・5633)

昔ながらの暮らしの道具。その魅力を再発見!

厳選されたメゴ笹(竹)を使い、職人の熟練した技術で編み上げられる洗濯かごは、その希少さから“幻のかご”ともいわれる。使うほどに渋い色みに変わっていく、経年変化も味わいの一つ。φ45×H20cm¥13,500(虎斑竹専門店 竹虎 TEL:0889・42・3201)

※『anan』2022年8月10日号より。写真・多田 寛 スタイリスト・野崎未菜美 文・瀬尾麻美

(by anan編集部)