フランス在住のカメラマン、松永学さんによる、フランスの猫さま紹介! 第51回目はスイカ(Suica)さま。

寂しがりやでツンデレな猫さまの物語

【フレンチ猫さま】vol. 51
猫さまの話をもっと聞かせて!



1歳の男性猫さまのスイカさまは、甘えん坊だけどだっこが苦手な猫さま。



僕の飼い主は日本人で、フランスで漢方を広めるために、ワークショップや温灸マッサージをしています。僕の名前はスイカ! 「Suicaカード」はなんだか知らないけど、そこから名前をつけたらしいです。それと、僕は果物のスイカのようにふくふくとした猫なので、みんなには名前負けしていないんだと自慢しています。



住んでいるところはパリ郊外の中世の建物が残る街です。アパートは築300年程で、窓からはお城と教会が見えます。



僕の1日の行動を教えます。
朝7時頃起きて、ご飯をもらうために家族を起こします。ご飯を食べても、台所に家族が立つとすかさずねだります。ある程度満足したら、お気に入りのおもちゃで遊んだり、窓から外を観察します。お昼頃になると、またご飯をもらえるまで台所で粘ります。お昼寝をし、夕方、家族が戻ってくるとお出迎えしてご飯をねだります。夕ご飯の香りがしてくると、またご飯をねだります。家族と一緒にテレビを観て、また夜食をねだります。



好物はウサギや鶏肉などを混ぜ込んだパテです。たまに貴重な日本製『ちゅ〜る』もいただくことがあります。結構わがままで食いしん坊です。



好きな場所は竹かごバッグ! ここに入ると、豊満もふもふな体には小さすぎるねと笑われます。抱っこは苦手でひとりで行動するのが好きなのに、寂しがりやで飼い主の後ろをいつでもどこにでも(お風呂、トイレまで)ついていきます。ツンデレって変でしょうか?



ーー飼い主は写真でスイカが好きになり、ブリーダーさんから譲り受け、初めて飼う猫さまとなりました。家族とスイカと義母の馬と一緒に森を散歩していた時に、いきなり木登りをし始めたときには驚いたそうです。でも、寂しがりやなので、リードなしでも飼い主の後をついてきてくれるそうです。知らない人は怖いけど、馬と一緒に歩くのは平気のようです。この夏も馬の背中に乗ったり、楽しく今日も冒険しているのでしょうね。

取材、文・Manabu Matsunaga

取材、文・Manabu Matsunaga