フランス在住のカメラマン、松永学さんによる、フランスの猫さま紹介! 第54回目はジゼルさま(Gisèle)とジャニス(Janice)さま。

とても仲良しな猫さまたちの物語

【フレンチ猫さま】vol.54
猫さまの話をもっと聞かせて!



三毛の女性猫さまのジゼルさまと黒白の女性猫さまのジャニスさま。2名ともキャットツリーでお昼寝をするのが大好きです。



ジゼルさまについて
田舎の家で生まれ、生後2か月のときに今の飼い主が迎えにやってきました。アパルトマンのバルコニーに行くのが大好きで、ドアを引っかいて外に出ます。先端に羽と鐘がついている青い釣り竿で飼い主とよく遊びます。好奇心がとても強く、ハンターの素質があります。自分が美しいことをわかっていて、ポーズをとるのが得意です。抱っこは苦手なようですが、それでも朝の抱擁は大好きです。毛づくろいが上手です。飼い主が話しかけると、いつでも返事をします。



ジャニスさまについて
ひとりで茂みの中にいるところを発見されました。甘えん坊で、飼い主の肩によりそって寛ぐのが大好きです。小さなオレンジ色の魚のぬいぐるみでよく遊びます。性格は、落ち着きがあり、そしてグルメ猫さまです。太陽の下でお昼寝もします。愛情深く、いつも愛撫と抱擁を求めています。掃除機を見るとすぐに隠れるくらい大っ嫌いです。飼い主の髪の毛を爪でブラッシングします。



2名の共通点は、水を愛していること。直接飲むのが好きなので、蛇口を開くと飛んできます。2名とも濡れた浴槽に横たわるのも好きです。

食事は、カリカリよりパテを好み、食卓で残りのハムをもらった時は競い合っています。チーズも大好物で食後は満足感をかみしめてます。



2名の猫さまを見つけたのは共に飼い主の友だちでした。田舎のある家にジゼルさまを迎えに行き、迎え入れることにしたそうです。ジャニスさまは捨て猫で飲み物だけ与えられていた状態で発見されました。その時ジャニスさまはおよそ生後1か月でした。最初は、女性猫さまなのか、男性猫さまなのかはその時点ではまだわからなかったそうです。



いつも、飼い主の目覚まし時計の音を聞くとすぐに飛んで来ます。もちろん朝一番に食事、そして満足顔でキャットタワーでお昼寝です。起きているときは一緒に遊ぶことに多くの時間を費やしているそうです。飼い主が家にいるときは、アパルトマンのバルコニーに連れ出します。その後は午後5時頃に2回目の食事をします。それからは飼い主をしつこく追いかけます。



飼い主が仕事の日、家に帰ったらまずは抱擁の儀式です。飼い主はジゼルさまとジャニスさまと遊ぶのが大好きと言います。なぜなら、彼らを幸せにする時間を大切にしたいと。ジゼルさまとジャニスさまは幸せ猫さまオーラが噴き出していました。

取材、文・Manabu Matsunaga

取材、文・Manabu Matsunaga