自分では気づいていなくても、実は我慢していることがあるかもしれません。我慢していたことに気づけば、その我慢によるストレスを減らせる可能性も。そこで今回は、花のイラストに塗りたい色によって「あなたが我慢していること」がわかる心理テストをご紹介します。

Q.この花のイラストに色を塗るなら、あなたは次のうち何色にしますか?

A:青
B:赤
C:黄色
D:ピンク

あなたはどれを選びましたか? さっそく結果を見てみましょう。

この心理テストでわかるのは?

「あなたが我慢していること」

深層心理において“花”は、理想の自分を意味する植物。そして、そこに塗りたい色は、あなたが「本当はこうありたい」と思っているのに、つい抑えてしまう欲求を暗示します。そのため、花のイラストに塗る色によって、あなたが我慢していることがわかるのです。

A:「青」を選んだあなた……学歴や知識をアピールすること

あなたはそこまで気にする必要はないのに、なぜか自分のことを「知識が少なくて恥ずかしい」と思っているところがあるみたい。知らないことが少しでもあると気になって仕事に集中できないこともあるかも。必要以上に気にし過ぎるあまりに、周囲から心配されてしまうこともあるでしょう。

そんなあなたがいま我慢していることは、学歴や知識をアピールすることのよう。知らないことを気にするよりも、自分の知っていることを人に教えたり、資格を取得するのもよさそう。自分に自信がついて、不安が少なくなるはずです。

B:「赤」を選んだあなた……メイクやオシャレをすること

あなたはもっと可愛くなりたいと思いながらも、それを表現するのが恥ずかしいと感じているのかも。そのため、自分を綺麗に見せることに抵抗があるのでは? もしかすると、あなたにとっては女性的と思われるような一面をアピールするのは苦手なのかもしれません。

そんなあなたがいま我慢していることは、メイクやオシャレでしょう。派手でなくても質の良い衣服を身につけたり、ナチュラルメイクに挑戦してみたりするといいかも。自分の“持ち味”を大切にする重要性に気づけるでしょう。

C:「黄色」を選んだあなた……ホンネでコミュニケーションをとること

あなたは人付き合いが嫌いではないけど、なぜか心からの笑顔を見せることが苦手で、愛想悪く見えてしまうタイプかも。それは、“相手は不愉快じゃないだろうか”という不安や緊張が原因の一つみたい。

そんなあなたがいま我慢していることは、ホンネでコミュニケーションをとることでしょう。人と話すときは、もう少し肩の力を抜いてみてもいいのかも。時間をかけて付き合っていくことで、少しずつ笑顔が増えるようになり人間関係が楽しいものになるでしょう。素直な気持ちを大切にすることで、自然と体が反応してくれるはず。

D:「ピンク」を選んだあなた……心から恋を楽しむこと

あなたは、とてもロマンチストなのに好きな人の前では萎縮してしまう性格なのでは? 相手が、自分とは全く異なる価値観を持っている存在に思えてしまったり、昔の恋愛にトラウマがあったり、自分自身にコンプレックスを抱えていたりするのかも。

そんなあなたがいま我慢していることは、心から恋を楽しむこと。友だちや恋人に悩みを相談しながら気になる相手との距離を縮めることができると、悩みが晴れてきっと心も和らいでいくはずです。

おわりに

我慢の裏側には、本当はやりたくて仕方がないという思いが隠されているはず。それを抑圧するのは、少し不健全なことなのかもしれません。でも、自分の考え方のクセを知っておけば、いざというときに萎縮せずにすむでしょう。今回の診断を参考に普段の考え方のクセを見つけて、自分と上手に付き合っていけるといいですね。

脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター

株式会社ヒューマン・ライフ出版代表取締役社長、企業占術鑑定士、大学講師、秀心寺住職。

©CSA Images/gettyimages

文・脇田尚揮