9月は趣味的な出費のコントロールがカギ

この9月は、遊びや学び、創作活動などの趣味的分野への出費をどのようにコントロールするかが金運管理のキモになりそうです。

10日と11日は買い物日和

10日(土)と11日(日)は買い物日和です。この9月に買い物日和として推薦したいのはこの2日間だけ。日用品や食品の買い物はもちろんのこと、買い置きや、長期的に必要な大きめの買い物をする場合には、できればこの2日間を選ぶとよいでしょう。

ただし、趣味の買い物をこの日にするのはあまりおすすめできません。後半に適したタイミングが来ますので、今は待ちましょう。

13日は己巳の日

13日(火)は己巳の日です。人々に財運を与えてくれるとされる、弁財天の縁日です。この日は、お金を生み出すための行動に力を入れてみましょう。投資を考えているならチャンスのタイミングかもしれません。

特にお金を増やすためのアイデアがない場合には、お金を洗ってみるのもよいでしょう。銭洗い弁天が近くにあるなら行ってみて。

18日まではグルメ運が向上

己巳の日以降は、しばらく運気が安定します。特に、18日(日)までの間はグルメ運が向上します。外食というよりも、家で摂る食事に関する運がよくなりそうです。日常的な食事のグレードを少しアップしてみたり、お取り寄せグルメを試してみたりするのもよいでしょう。

下弦の月からは倹約タイム

18日(日)の下弦の月以降は、倹約運が上昇します。今までよりもしっかりと節約をすることができるはずなので、夏に遊びすぎてお財布が寂しくなっている人は、このタイミングで出費を抑えて調整するのがよいでしょう。

趣味の買い物は23日に

23日(金)の秋分の日は、一粒万倍日でもあります。天体の運行を含めて運気のバランスがよく、買い物運も上がるでしょう。

趣味の買い物をするならこの日が最もよいタイミングです。ちょっと贅沢なものを買うのにも向いています。ネットで購入する場合は、目星をつけておいて、カートに入れておいたものをこの日に決済するとよいでしょう。

新月直前は星がざわめく

新月の前日である25日(日)は、星の動きが不安定で、余計な出費をしてしまうことがあるかもしれません。コンビニや自動販売機などでのちょっとした買い物は要注意です。

26日(月)の新月には、心が晴れやかになりそうです。そこから先は月末まで、安定した日々を過ごすことができるでしょう。

五十六謀星もっちぃ

10代の頃から占い一筋に生きる職業占い師。
著書『1日2時間で月10万円 はじめよう 電話占い師』(同文舘出版)

©CoffeeAndMilk/gettyimages