フランス在住のカメラマン、松永学さんによるフランスの猫さま紹介! 第61回目はルスティン(Rustine)さま。

大きな目がチャームポイントの2歳の女性猫さまの物語

【フレンチ猫さま】vol.61
猫さまの話をもっと聞かせて! 

グレートラ柄の2歳の女性猫さま、ルスティンさま。



私はアパルトマンに住んでいます。飼い主の友だちの紹介で生後1か月の時に引き取られました。当時、私はまだ乳離れしていなかったので母と一緒に暮らしていましたが、すぐにでも引き取りたいと申し出たそうです。すっかり私のことを気に入ったのですって。



このアパルトマンに連れて来られてから飼い主とずーっと一緒です。とても居心地がいいですよ。彼女はセラピストの勉強をしているせいか、毎日私をよく観察しています。



平均睡眠時間は1日15時間ぐらいでしょうか! よく寝る子と言われますが、すぐに電池が切れてしまうのです。



起きている時はよく遊びます。高いところが大好きで、洗濯物干しに乗ることはとてもスリリングです。びっくりしているような目をしていますが、飼い主を見上げるときはいつもこんな感じです。



――飼い主は初めてルスティンさまに会った時に、「絶対に私の猫さまになる運命だ」と思ったそうです。大きな目と模様にすっかり魅了されたと。遊び心があり、とても表現力が豊かで、膝の上にも乗ってくれるので、抱きしめて喜びを感じると言います。



1番のエピソードはルスティンさまが初めてここにきた時、飼い主と一緒にベッドで一緒に寝た事! とても甘えん坊なルスティンさまは今日も飼い主とラブラブな生活を送っていることでしょう。

取材、文・松永学

取材、文・Manabu Matsunaga