牛丼、親子丼に天丼、海鮮丼…。和洋中、さまざまな丼がありますが、最も人気のある丼はいったい何なのでしょうか。20代〜30代の女性が集まるanan総研メンバー約200人に「好きな丼アンケート」を実施しました。結果を発表します!

女性約200人に聞いた「好きな丼ランキング」

まずは、ざっくりと丼の好き嫌いについて聞いてみました。

Q. 丼は好きですか?

はい       84%
いいえ       6%
どちらでもない  10%

乗せる具によって、ヘルシーにもがっつり系にも応用が利くこともあり、8割を超える女性が「はい」と回答。「いいえ」は1割にも満たない結果になりました。では、どんなところが好きなのか、理由を見ていきましょう。

「おかずとお米を同時に食べられて楽だから」(35歳・自営業)
「一気に食べられるし美味しいので」(34歳・会社員)
「食べるのが簡単だし洗い物も少ない。タレが染みたご飯も美味しい!」(34歳・会社員)
「タレの染みたご飯が美味しい。普段外食では懐石、フレンチ、アフタヌーンティーが多くて、ひと皿が小さくいろんな種類のお料理を食べます。その反動か、たまに丼で思いっきり食べたくなります。豪快にいきたいときがある!って感じですかね…」(30歳・専門職)
「美味しいタレがご飯に染みて最後まで美味しい」(36歳・自営業)

キーワードは「一気に、同時に」と「タレの染みたご飯」。効率面とお味の面から「好き」と評価した人が多いよう。確かに、食べやすいですし、お皿の数も減るので洗う手間が省けますね。また、タレの染みたご飯のおいしさといったら! 牛丼、親子丼、天丼が筆頭に挙げられますでしょうか。お肉のうまみがたっぷりの甘めの汁と熱々ご飯の組み合わせは、何なら具ナシでもバクバクといけますよね。

では、いよいよ人気の丼ランキングをご紹介します。まずは第5位から!

第5位 うな丼

「ふわっふわの鰻と、たれの染みたご飯、アクセントの山椒がたまりません!」(30歳・専門職)

鰻の蒲焼きは関東風と関西風の2種類に分かれ、関東風は背開き&焼いてから蒸す、関西風は腹開き&焼くのみ、という違いがあります。前者がよりふっくらとした食感を味わえると言われており、この方は関東在住であることから、ふわっふわ! が好みであるとコメントしたのでしょう。香ばしい関西風もいいですが、ふんわりと柔らかな関東風もまた格別ですよね。

そして、なくてはならないのが山椒。大人になるにつれて、山椒の重要性が増していると思いませんか。筆者はもはや山椒のないうな丼はうな丼ではないレベルにまで達しています。

第4位 かつ丼(同率)

「かつ単体は脂っこいのであまり食べないが、かつ丼は甘くて油っこさが中和されていて大好き」(34歳・会社員)
「普段はカロリーを気にして食べないようにしているので、たまーにご褒美で食べるとより美味しく感じる」(28歳・会社員)
「ガッツリ食べたい時は満腹になるので選びます」(36歳・自営業)

第4位 牛丼(同率)

「納豆をかけるとさらに美味しい。タバスコをかけても美味しい」(36歳・会社員)
「自炊では、めったに牛肉を買わないので(高いから)、外食するときに牛肉を食べると美味しさに改めて気づけるから」(35歳・自営業)

かつ丼と牛丼が同率4位となりました。どちらもガッツリ系丼の代表格といったところでしょうか。毎日はちょっとしんどいけれど、たまにのご褒美感覚で食べる人が多いよう。牛丼にタバスコは未体験の味なので、ぜひ挑戦してみたいですね。

第3位 天丼

「天ぷらのサクサク感と普段あまり食べない料理なので特別感もあって一段と美味しく感じるから」(24歳・大学生)
「甘じょっぱいタレが美味しいから」(34歳・会社員)

第3位と健闘したのが天丼です。天ぷらって料理手順としては簡単なほうだと思いますが、やはりサクサク感を出すのが家庭では難しいところ。4位の牛丼、かつ丼同様にちょっとスペシャルなイメージがありますよね。また、天ぷらの素材は野菜や魚介などヘルシーで淡泊なものが多いのに、衣をつけて揚げることによりうまみとコクが出るのも大きな魅力。天丼がご無沙汰の方、恋しくなってきましたね!

第2位 親子丼

「トロトロの玉子がたまりません! 自分で作る丼でもNo.1です」(30歳・専門職)
「たんぱく質もしっかり摂れてカラダに優しい気がする」(32歳・会社員)
「とろとろで甘い玉子がご飯と合って大好き。なんとなく丼もののなかで罪悪感が少ないから」(28歳・会社員)
「玉子のふわとろ感と鶏肉のジューシーさが相性抜群、つゆが染みたご飯も最高です」(22歳・大学生)

2位に大躍進したのはこちら。これまでの丼とは異なり、家で作りやすいという点が高評価なのかもしれません。また、優れた栄養、カラダに優しい、罪悪感が少ない、という意見が目立ち、ヘルシー志向の女性からも支持がありそうです。うな丼と同じように山椒をかける、京風親子丼もおいしいですよね。

第1位 海鮮丼

「いろんな種類の海鮮を一緒に食べられるから。宝石のようにキラキラ輝いた海鮮を目にするとテンション上がります!」(34歳・専門職)
「海鮮には米が合いますよね。牛丼よりなぜか罪悪感が少ないというのもある」(30歳・会社員)
「たっぷり醤油をかけた海鮮の塩気とご飯という組み合わせがたまらなく好き」(30歳・会社員)
「サーモン、いくら、ネギトロ、鯛など一気に好きなネタが食べられるって幸せです。あと、刺身は高いので海鮮丼だとお得なイメージがあります」(25歳・会社員)
「本当に好きすぎて週1で食べてます」(34歳・会社員)

そして、断トツで1位に輝いたのは海鮮丼でした。いろいろな種類の新鮮な海の幸を一度に食べられるなんて、まさに輝く丼ですよね。また、刺身となると値が張るけれど、丼だと比較的リーズナブルという意見も納得です。ほかに、マグロとアボカドを合わせた「ポキ丼」とう回答も。醤油をかけていただくのもいいですが、漬けで食べるのもこの上なく幸せを感じますね。

以上、女性約200人に聞いた「人気の丼ランキング」でした。王道の丼が出揃いましたが、ユニークな丼も知りたいですね。丼の世界は、まだまだ深堀りできそうです。食欲の秋、丼も楽しみましょう!

©Dijon_Yellow/Getty Images

文・田中亜子