人間誰しも自分を肯定したいものですよね。自己肯定感のある人は自信にあふれ、魅力的に見えるでしょう。でも、それが度を過ぎると、“ナルシスト”や“自己保身”だと称されてしまうことも少なくありません。では、あなたは自己愛がどれくらい強いのでしょうか? そこで今回は、秋の森で出会った動物がどれかにより「あなたの自己肯定度」がわかる心理テストを紹介します。

Q.あなたは秋を楽しむために森を散策中。そこで出会った動物は、次のうちどれでしょう?

A:鹿
B:うさぎ
C:キツネ
D:リス

あなたはどれを選びましたか? さっそく結果を見てみましょう。

この心理テストでわかるのは?

「あなたの自己肯定度」

深層心理において“秋”は、あなたの感性の豊かさを反映するシーズン。そして、森はあなたの隠された一面を意味し、そこで出会う動物はあなたの自信と密接だと言えます。そのため、秋の森で出会った動物が何かにより、あなたの自己肯定度がわかるのです。

A:「鹿」を選んだあなた……自己肯定度70%

あなたは自分で自分の魅力を把握している、ちょっぴり“あざとい”自己肯定タイプ。傍から見ると、全くそのようには見えませんが、同性からは「あの人、かなり演じてる」と思われている可能性も。

でも、異性はあなたの虜になることが多く、メロメロになる人も少なくありません。ある意味、最も賢い自己肯定感の持ち主と言えるでしょう。

B:「うさぎ」を選んだあなた……自己肯定度95%

あなたはかなり自己肯定度が強く、ともするとややナルシストと言えるかもしれません。でも、ネガティブな意味合いではなく、オシャレやメイクにも気を遣って、いつも素敵な自分でいられるように努力を絶やさない人でしょう。

そんなあなたを周囲の人たちは、いつもキチンとした人だと見ているはず。でも、その心の奥底には高いプライドや、自分への特別視が潜んでいるのかも。

C:「キツネ」を選んだあなた……自己肯定度15%

あなたはかなり謙虚で自分に自信が無い、自己肯定度が低いタイプかもしれません。それはそれでいじらしく、周囲からは人気があると言えますが、「どうして自分はダメなんだろう」といつもネガティブになってしまう傾向も。

あなたの良さを分かっている人からすれば、“歯がゆい”と思われているかも。もっと自分の魅力を理解して、それを受け入れる努力をするようにしましょう。

D:「リス」を選んだあなた……自己肯定度40%

あなたは取り分け自己肯定感が強いというタイプではありませんが、周囲からの評価や反応にかなり敏感なところがあるようです。そのため、周りの顔色を伺って、いつも気を遣っているところがあるでしょう。

もう少し周囲に振り回されず、自分の軸を持っても良いかもしれません。自分で自分を大切にする気持ちを持っていれば、きっとあなたの良さが輝くようになるはずです。

おわりに

一見すると、自己肯定感が高いことは素晴らしいことのように思えますよね。でも、“うぬぼれ”であったり、適切でない積極性は周囲に対して“ウザい”という印象を与えたりすることも。

一方で必要以上に自己肯定感が低いと生きづらくなってしまうかもしれません。両方の要素を自分の中に持てるのが、一番理想的なのでしょう。

脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター

株式会社ヒューマン・ライフ出版代表取締役社長、企業占術鑑定士、大学講師、秀心寺住職。

©Color_life/gettyimages

文・脇田尚揮