「かなでさんの心遣いにキュンとしました」


原作を手にした草川さん。クールな表情がかっこいい!


【イケメンで観るドラマ&映画】vol. 127

『デブとラブと過ちと!』の原作は、コミックシーモアで累計6,000万DLを突破している、ままかり氏による同名タイトルの大人気コミックです。

物語は、自身の容姿に悩み、ふさぎこんでいたヒロイン・幸田夢子がある日、ビルの屋上から落下してしまうところから始まります。なんとか一命を取り留めた夢子ですが、目が覚めた彼女は「これが……私……!? 超かわいい!」と、以前とは180度違う超ポジティブな性格に。大変身した夢子によって、周囲の環境は大きく変わっていきます。

夢子を演じるのは、念願のドラマ初主演となる、かなで(3時のヒロイン)さん。バラエティ番組で活躍するだけでなく、近年では映画『地獄の花園』『KAPPEI カッペイ』などで個性あふれる強烈なキャラクターを熱演。『デブとラブと過ちと!』では、爆笑や涙を誘うキュートかつパワフルな演技を披露しています。

夢子が恋する若手副社長・結城圭介役として、かなでさんとダブル主演を務めるのは、草川拓弥さん(超特急)。メインダンサー&バックボーカルグループ『超特急』のタクヤとしても活動する草川さんは、Paraviドラマ『みなと商事コインランドリー』に続き、2クール連続で主演を務める快挙。生まれ変わった夢子との出会いをきっかけに、自身の過ちと向き合い、徐々に変わっていく結城を好演しています。

さらに、夢子と結城が働くお菓子メーカー・サイバラの企画部メンバーとして、崎山つばささん、高橋健介さん、元NMB48の太田夢莉さんが出演。

週の初めをパッと明るく照らすようなドラマが、『デブとラブと過ちと!』、略して“デブラブ”です。


夢子と結城が働くお菓子メーカー・サイバラのセットにて


ーーかなでさんとW主演するドラマのオファーをいただいたとき、どう思いましたか?

草川さん ドラマの主演オファーを続けていただいたことが嬉しかったですし、ワクワクしました。かなでさんとは『コント×超特急』で共演したことがあったのですが、そのときはあまりお話ができなかったので、今回は違った形でしっかりとご一緒できることを楽しみに思いました。

ーー女優としてのかなでさんにどのような印象を抱きましたか?

草川さん 僕は以前から超特急としてバラエティ番組に出演させていただいたこともあって、芸人さんたちをすごく尊敬しているんです。芸人さんたちは頭の回転が速いというイメージを抱いているんですが、かなでさんもドラマ初主演とは思えないほど、周りのスタッフの方々や現場の雰囲気を温かくしてくれました。いろんなことを考えていらっしゃる方だなと思いました。

W主演の形ではありますが、僕はかなでさんが座長だと思っていて、何かあったときに彼女のサポートができたらいいなと思っていました。


アンニュイな雰囲気を醸し出す結城


ーー結城に共感したところ、似ているところは?

草川さん 僕もよく『超特急』のメンバーや周りからツンデレと言われるんです。普段、ツンツンしているだけに、デレると結構ギャップがあるみたいです。「はぁ」と、ため息をつきがちで、ネガティブなところも似ているかもしれません。とはいえ、僕に自覚はないので、ファンの方々のほうがよくご存じかもしれません(笑)。

ーー撮影現場の雰囲気を教えてください。

草川さん タイトなスケジュールでしたが、かなでさんがいると場がすごく明るくなって。かなでさんのワンアクションで、みんなが笑って場がなごんでいました。キャスト同士も仲良くて、素敵な現場でした。


若社長と言えば、腕組み!?


ーー夢子の才能にベタ惚れな後輩・松陰寺尊を演じた高橋健介さんが、ドラマ『デブとラブと過ちと!』の公式サイトでユニークなコメントを出していました。

草川さん 彼も現場のムードメーカーでした。かなでさんと一番仲が良いんじゃないかというほど、たくさんおしゃべりしていましたね。

ーー結城としては、嫉妬してしまいますね。

草川さん そうですね。役の設定とぴったりハマっていたと思います。僕は人見知りなので、カメラがまわっていないところでも楽しくしゃべっている姿を見て、うらやましく思いました。


撮影の合間は、リラックスした雰囲気で


ーー撮影現場で印象に残ったエピソードがあれば教えてください。

草川さん クランクアップの日、僕の撮影の間に空きがあって、いったん現場から出て戻ってきたときに、テーブルの上に飲み物が置いてあったんです。僕がよく飲んでいるものだったので嬉しかったのですが、誰からも「〇〇さんからの差し入れだよ」などと言われないまま時間が過ぎていって。のちに、かなでさんがコンビニに行ったとき、ふたつだけあったものを差し入れしてくださったことが分かったんです。その心遣いにキュンとしました。

ーー何も言わずにそっとテーブルに置くところが奥ゆかしいですね。

草川さん びっくりしました。ずるいほど、素敵ですよね(笑)。かなでさんがお疲れさまの気持ちを込めてくださったんだと思います。僕がコンビニで見つけたら、ラッキー! と思って2本とも買い、自宅に持って帰っちゃいます(笑)。

ーー最後に、見どころをお願いいたします。

草川さん 原作は現在も続いているので、違った結末を持つオリジナルの物語となっています。視聴者の方は、夢子にたくさん背中を押してもらったり、励ましをもらえたりすると思います。結城も、副社長の立場上、もやもやした悩みやストレスなどいろんなものを抱えています。明日からまた頑張ろうと元気づけられるような作品となっています。ぜひ楽しんでいただきたいです。

インタビューのこぼれ話

ツンデレと評判の草川さん。最近、デレるほどハマっているのは、意外な食べ物。「岩下の新生姜です。コンビニにも置いているので、大好きすぎて、毎日食べています。今日、家を出る前にも食べました!」(草川さん)。

Information



ドラマ『デブとラブと過ちと!』   
11月7日より、TOKYO MX1にて毎週月曜22:00〜22:30放送開始
11月12日より、BSフジにて毎週土曜24:30〜25:00放送開始
民放公式テレビポータル『TVer』にて2週間見逃し配信!

スマホアプリ/Webサイト『エムキャス』にて、全国無料でリアルタイム配信&1週間見逃し配信! 

そのほか、各配信プラットフォームにて配信予定
出演:かなで(3時のヒロイン)、草川拓弥(超特急)、太田夢莉、中西悠綺、西村ヒロチョ、志保、高橋健介、崎山つばさほか
オープニング主題歌:-真天地開闢集団-ジグザグ「スマイルかわいいねん」(CRIMZON)
エンディング主題歌:フウセンカヅラ「シンデレラ」(T-RECKLESS creative forest)
監督・脚本:本田隆一・綿種アヤ
制作協力:The icon
©ままかり/ソルマーレ編集部 ©TOKYO MX

文・田嶋真理