気づけば年末がすぐそこに迫っています。いろいろやることが増えて俯瞰するとげんなりしてしまう人は多いでしょう。中医学士で漢方薬剤師の大久保愛先生によると、日照時間の減少によりセロトニン分泌が減ることから、気候的な理由からもだるさを感じやすいのだそう。愛先生が対処法を教えてくれます!

やるべきことが増え、結果、全てが面倒くさくなっていませんか?

【カラダとメンタル整えます 愛先生の今週食べるとよい食材!】vol. 185


今年も残り2か月を切りました。あっという間に過ぎていく1年に驚きますよね。もっと時間を大切にしなければと強く感じますが、実際の行動はあれもこれも面倒くさいという気持ちでいっぱいになってしまうことはないでしょうか。

やることが1つしかなければ、すぐに行動に移せそうですが、期限のあるやるべきことが複数あると優先順位をつけることすら面倒になり、結局面倒な気分でいっぱいになり、現実逃避をしたり、ぼーっとしたりしてしまい、時間がどんどん無駄に消費されてしまうという経験はありませんか? 

もしも、そんな悩みを抱えているという場合には、食事のタイミングと内容を意識してみましょう。日が沈む時間が早くなり、秋風を強く感じる今の時期は、気候的な理由からも面倒くさい病を感じやすくなることが考えらます。そこで、今週は面倒くさい病を軽減するための食薬習慣を紹介していきます。

今週は、便秘対策となる食薬習慣

朝になると、もう少し寝ていたい、だるい、起き上がりたくない、何もやりたくないとネガティブな感情をいっぱい抱えて目を覚ます人はいないでしょうか。実際、新しい希望の朝を毎日迎えられている人はそんなに多くないかもしれませんね。

日の出の時間が遅くなり、日の入りの時間が早くなり、お日さまを浴びる時間も短くなってきています。そして、私たちは年末に向けてやるべきタスクが増え続けていき、そのしわ寄せとして夜更かしと偏食をする機会が増えることでしょう。そうすると、必然的に体内時計が乱れてきます。

体内時計は、光刺激と食事の刺激によってコントロールされていますが、そこに支障が生じてしまいます。日照時間の減少によりメンタルのコントロールに必要なセロトニンは減少傾向です。さらに体内時計が乱れてしまうと、気合ではどうしようもないくらいのダルさを感じてしまうケースができてしまいます。

漢方ではこの状態を自律神経が乱れやすい『気血両虚』や体内時計を狂わせてしまう『腎虚』と考えます。そこで、今週は『気・血』を補い、『腎』の働きを支える食薬習慣を紹介していきます。今週食べるとよい食材・メニューは、【韓国風TKG】です。

食薬ごはん【今週食べるとよい食材・メニュー:韓国風TKG】

作り方は簡単です。刻んだキムチとすり胡麻とアボカドやカイワレ、ブロッコリースプラウトなど好きな野菜を混ぜてごはんにのせて、その中央に卵黄をのせ、醤油を刻んだ韓国のりをかけて完成です。そして、できれば朝のタイミングに食べることをお勧めします。

【キムチ】

発酵食品、食物繊維、カプサイシンは朝にとることで、時計遺伝子や腸内環境などに働きかけカラダのリズムを整えてくれます。また、起床後1時間以内の食事は、代謝の向上につながり、1日の元気を与えてくれます。ということで、朝食にとることで、『腎』の働きをよりサポートし、腸活の効率もあげてくれます。

【玉子】

朝はタイミングとして、タンパク質を多めにとることが体内時計を整えるために役立ちます。さらに、午前中のタンパク質は時間的に筋肉を養うために効率が良いとされています。また、朝のタンパク質は、セロトニンの生成を促し、それにともない睡眠の質の向上に必要なメラトニンの分泌にも役立ちます。玉子は、『気・血』を補う優秀食材です。

今回は、レシピ×タイミングでご紹介させていただきました。これからの時期、年末年始まで生活リズムが乱れてしまう人が増えてきます。この乱れは、私たちのやる気を奪い、面倒くさい病にしてしまいます。タスクがもりもりに溜まってしまう前から食薬で整えていきましょう。ほかにも心と体を強くするレシピは、『不調がどんどん消えてゆく 食薬ごはん便利帖』(世界文化社)で紹介しています。もっと詳しく知りたい方がぜひご覧ください。

※食薬とは…
漢方医学で人は自然の一部であり、自然の変化は体調に影響を与えると考えられています。気温や湿度、気圧の変化だけではなく、太陽や月の動きまでもが体に影響を与えています。学生の頃、太陽暦や太陰暦を学んだことを覚えていませんか? 一月の日数や季節などは太陽や月の動きから決められていたことはご存知のかたは多いと思います。

月や太陽は、地球との位置により引力が変わり、地球では潮の満ち引きが起こります。地球の約七割が水分と言われていますが、同様に人のカラダも約七割が水分と言われています。そう考えると、人間も月や太陽の影響を受けることは想像しやすいことだと思います。中国最古の医学書である皇帝内経(こうていだいけい)にも、月が体調に影響を与えることは記されています。

つまり、気温、湿度、気圧、太陽、月の変化とさまざまなものを指標にすることにより、より正確に体調管理をすることができます。この体調管理に食事内容を役立てることを『食薬』と呼びます。


Information

大久保 愛 先生
漢方薬剤師、国際中医師、国際中医美容師、漢方カウンセラー。アイカ製薬株式会社代表取締役。秋田県出身。昭和大学薬学部生薬学・植物薬品化学研究室卒業。秋田の豊かな自然の中で、薬草や山菜を採りながら暮らす幼少期を過ごし、漢方や食に興味を持つ。薬剤師になり、北京中医薬大学で漢方・薬膳・東洋の美容などを学び、日本人で初めて国際中医美容師資格を取得。漢方薬局、調剤薬局、エステなどの経営を経て、漢方・薬膳をはじめとした医療と美容の専門家として活躍。おうちで食薬を手軽に楽しめる「あいかこまち」を開発。漢方カウンセラーとして、年間2000人以上の悩みに応えてきた実績を持つ。著書『1週間に1つずつ心がバテない食薬習慣(ディスカヴァー・トゥエンティワン)』は発売一ヶ月で七万部突破。『心と体が強くなる!食薬ごはん(宝島社)』、『女性の「なんとなく不調」に効く食薬事典(KADOKAWA)』、近著に「不調がどんどん消えてゆく 食薬ごはん便利帖(世界文化社)」がある。
公式LINEアカウント@aika

『1週間に一つずつ 心がバテない食薬習慣』(ディスカヴァー)。

『女性の「なんとなく不調」に効く食薬事典』(KADOKAWA)
体質改善したい人、PMS、更年期など女性特有の悩みを抱える人へ。漢方×栄養学×腸活を使った「食薬」を“五感”を刺激しつつ楽しく取り入れられる。自分の不調や基礎体温から自分の悩みを検索して、自分にあった今食べるべき食薬がわかる。55の不調解消メソッドを大公開。

©MarinaBH/Gettyimages
©Westend61/Gettyimages

文・大久保愛