ananトレンド大賞2022“BEAUTY&HEALTH”。今年は、配合成分からコスメをセレクトする人が増加しました。

成分マニア

今年はコスメの配合成分にこだわる人が増えて、“成分美容”がキーワードになったと語るコスメコンシェルジュ・小西さやかさん。

「私が代表理事を務める日本化粧品検定協会のメルマガでアンケートをとると、成分について知りたいという声が多数寄せられます。また中国では、Z世代の約90%が化粧品を買う前に成分を調べるとか。韓国では、製品名を入力すると配合成分一覧が出てくるアプリが大人気です。成分美容が流行っている背景には、効果を求めることに加え、肌や環境に優しい成分が入ったコスメを選ぶ“クリーンビューティ”の動きも大きいと思います」

そんな中、特に人気を集めたのが、ヘパリン類似物質、ナイアシンアミド、レチノール、そしてビタミンC。

「ヘパリン類似物質は肌荒れ改善で有名。ナイアシンアミドとレチノールは近年シワ改善効果が認められ、脚光を浴びました。ビタミンCは美容成分の代表で、透明感アップと毛穴ケアに効果あり。こういった成分を配合していること、ひいては配合濃度を高めたことを前面に押し出したコスメが、特に人気を集めました」

【SUMMARY】
・コスメの成分を調べるマニアが増えた。
・特に人気を集めたのは4つの成分。
・配合濃度の高さを競う動きも活発化。

肌と環境に優しいコスメを選ぶ“クリーンビューティ”が加速する中、配合成分からアイテムを選ぶ人が増加。なかでも今年は、ヘパリン類似物質、ナイアシンアミド、レチノール、ビタミンCが注目株に。成分の種類だけでなく、その濃度にも関心が高まっている。

1、敏感肌でも使えるナイアシンアミド配合美容液。

整肌成分として高濃度ナイアシンアミドを配合。バリア機能をサポートする。N10 セラム 30ml¥6,050(ラ ロッシュ ポゼ TEL:03・6911・8572)

2、エイジングサインをレチノールでケア。

触れると跳ね返すようなハリ肌が叶う。DS RTN ナイトコンセントレート 28ml¥13,970(キールズ TEL:0120・493・222)

3、高濃度ビタミンC配合! オレンジが香る化粧水。

毛穴やくすみなど肌悩みをトータルにケア。VC100 エッセンスローション EX 150ml¥5,170(ドクターシーラボ TEL:0120・371・217)

4、ヘパリン類似物質で潤いをチャージする。

ほどよいとろみで肌を包み込んで保湿。ル・マイルド高保湿化粧水[医薬部外品] 200ml¥1,870*編集部調べ(健栄製薬 TEL:06・6231・5822)

小西さやかさん コスメコンシェルジュ。化粧品会社で研究開発などを担当したのち、化粧品の開発コンサルタントとして独立。一般社団法人日本化粧品検定協会を立ち上げ、コスメや美容の正しい知識普及に努める。

※『anan』2022年11月16日号より。写真・市原慶子 スタイリスト・宮田桃子 取材、文・風間裕美子

(by anan編集部)