なんとなく調子が悪い…という人の中でも天気の変化によって症状が現れる人は、「気象病」に注目を。気象病は、近年、広く知られるようになり、その呼び名を聞いたことがある人も多いのでは? どんな気象条件で、どういう症状が現れるのか。また、改善方法など、気になるあれこれを専門家に聞きました。

気圧の低下など急激な気象の変化が体の負担に。

そもそも気象病は何かというと、「気象の変化によって引き起こされる心身の不調のこと」と気象病・天気病外来での診療も行っている内科医の久手堅司先生。とくに「気圧」「気温」「湿度」の3つの気象条件が大きく関わるという。

「なかでも気圧の変化が顕著で、例えば雨が降る前日に気圧が急激に下がるなど、その差が大きいと不調の原因になります。気温に関しても“差”がポイントに。そのため季節の変わり目や、台風の時期に症状が現れやすいのです」

こうした気象の変化により、どんな不調が現れるのだろう。

「一番多いのは頭痛です。あとは倦怠感、首肩の凝り、めまいなど。気象病は女性に多く、貧血や低血圧ぎみの人が多いことや、女性特有のホルモンの変動などが影響していると考えられます」

これらの症状が単独で現れる人もいれば、複合的な人もいるそう。

「症状の強さにも違いがあり、自分では気づいていない人もいます。自分のケースを把握し、日頃のケアで適切に対処しましょう」

CHECK LIST

天気が悪い時に体調が悪い
雨が降る前や天候が崩れる時に、その変化がなんとなく予測できる
頭痛持ち(緊張型頭痛、片頭痛など)だ
首こり、肩こりがある
めまいや耳鳴りが起こりやすい
起床時、日中に倦怠感がある
低血圧ぎみで、血圧が低いと不調が出る
姿勢が悪く、猫背や反り腰がある

1、2番目の両方にチェックがついた人は、気象病の可能性がかなり高い。それ以外の項目は、チェックの数が多くなるほど、気象病になるリスクが高くなる。ただし、該当する数が多いからといって、必ず気象病ということではない。

気象病を予測する

気象病かどうかの確認のためにも、また、自分が気象病とわかったら、いつ体調が悪くなりそうなのか予期するためにも、これらを役立てて。

1、天気予報をこまめに確認。

オーソドックスなのは、テレビやネットで天気予報を確認すること。「注目すべきは自分が住んでいる地域よりも西の天気。基本的に天気は西から東へと移動するので、西の天気が崩れ始めたら、そろそろ気象病が現れるかもと心構えができると思います。気象病は季節的なピークはありますが、気圧など気象条件は一年中変化するため、年間通してなり得るもの。天気予報をこまめに見ておくと、大事な予定はずらすなどスケジュールを立てやすくなるはず」

2、アプリ「頭痛ーる」を活用しよう。

気圧の変化による不調を予測するには、「頭痛ーる」というアプリも便利。「自分が住んでいる市区町村を登録すると、気象病で体調不良を起こしやすい日時が、気圧の変化を表すグラフや『警戒』などのマークでわかります。気圧だけでなく、寒暖差の指数もあり。また、痛みを表す記録やメモ機能もあるので、どんな気象条件で体調不良になったのかを残しておけば、自分のパターンがわかり、事前に頭痛薬などを用意しておくこともできるでしょう」

気象病を予防する

気象病は、もともと不調のある人がなるもの。つまり、予防には日頃の不調を改善しておくことが第一。自律神経のケアでベースを整えよう。

1、自律神経を整える呼吸法

「呼吸は、自律神経をコントロールする唯一の方法」とのこと。もともと不調がある人は呼吸が浅くて速くなりがち。それを改善するには、腹式呼吸と胸式呼吸を組み合わせた深い呼吸が有効。ポイントはしっかり吐くこと。

腹式呼吸から。仰向けで、ひざを90度に。両手をお腹に乗せ、お腹を意識しながら、鼻から10秒吸って、口から10秒吐く。

次は胸式呼吸。両手を「Tの字」にして胸骨に乗せる。胸郭が上下するのを意識しながら、鼻から10秒吸い、口から10秒吐く。

これも胸式。両手で包み込むように肋骨に手を添え、10秒ずつ深呼吸。肋骨が左右に広がったり、縮まったりするのを感じる。

2、自律神経を整えるマッサージ

呼吸のほかにも取り入れたいのが首のマッサージ。首の筋肉が緊張していると、交感神経優位になり、肩こりや頭痛、めまいにつながりやすい。緊張を和らげ、副交感神経優位のリラックスモードにして日頃の不調を改善へ。

テニスボールを1個、用意しておく。仰向けに寝たら、ひざを90度に立て、手の平は床に向けて体の横に。これが基本姿勢。

テニスボールを首の後ろのくぼみの真ん中にある太い筋肉に当てる(頭と首の境目あたり)。その状態で20〜30秒キープ。

横向きになり、下側の腕を上げる。ひざは90度に。首と肩の間にボールを挟み20〜30秒、首の筋肉をほぐす。反対も同様に。

気象病の症状をケアする

気象病の症状が現れた時は、症状を和らげるためのマッサージやストレッチを取り入れて。辛い場合には無理せず薬を飲みつつ、ケアで補おう。

1、片頭痛と緊張型頭痛をケアするマッサージ

片頭痛は吐き気や嘔吐を伴う場合も。和らげるには、顔まわりにある咬筋と内側翼突筋をほぐすこと。一方、緊張型頭痛は頭を締めつけられるような痛み。眼精疲労が関係していることが多く、こめかみを中心にマッサージ。

【1】咬筋 食いしばった時に硬くなる咬筋をマッサージ。頬骨の下に人差し指、中指、薬指を当て、内から外へ押しながら回す。

【2】内側翼突筋 頬骨の下に縦に走る筋肉。3本の指は【1】と同じ位置に置き、下から上へ、上から下へ、軽くポンポンと押す。

【3】こめかみ 緊張型頭痛で最も痛くなりやすいのがここ。指を広げてこめかみから眉上あたりに置いたら、小さく円を描く。

2、めまいをケアするストレッチ

気象病の症状として、頭痛の次に多いめまい。対処法としては、首の後ろと上半身のストレッチが効果的。首の後ろの筋肉がギュッと収縮するのを感じるのがポイントで、あまり無理せず、少しずつ練習してみよう!

うつ伏せで、両手を浮かせる。頭と両脚も床から離し、首の後ろの筋肉が収縮するのを意識しながら、上半身を持ち上げる。

体幹に力を入れて、息を吸いながら体を右側に45度ほど回転させる。その姿勢のまま数秒キープ。反対も同様に行う。

息を吐きながら、体をうつ伏せに戻す。手や頭、脚を床につき、全身の力を抜いてリラックス。心地よい疲れを感じよう。

久手堅 司(くでけん・つかさ)先生 内科医、せたがや内科・神経内科クリニック院長。「気象病・天気病外来」を立ち上げ、5000人以上を診療。近著は『気象病ハンドブック』(誠文堂新光社)。

※『anan』2022年11月23日号より。イラスト・Knty 取材、文・保手濱奈美

(by anan編集部)