世の中には欲しくても簡単に手に入らないモノがあります。本当は欲しいと思っているにもかかわらず、無意識のうちに我慢している可能性も。そこで今回は、イラストが何に見えるかによって、あなたが「欲しくても我慢しているモノ」がわかる心理テストをご紹介します。

Q.このイラストはズバリ、何に見える?

A:鳥
B:川
C:キスシーン
D:ダンサー

あなたはどれを選びましたか? さっそく結果をみてみましょう。

この心理テストでわかるのは?

「欲しくても我慢しているモノ」
深層心理において、“いろいろな見え方ができるイラスト”は、内面世界や無自覚な欲望を投影します。そのため選んだ答えから、あなたが「欲しくても我慢しているモノ」を探ることができるのです。

A:「鳥」 を選んだあなた……自由に人生を楽しむこと

あなたは本当はのびのびやりたいのに、人目や周囲からの評価を気にして、必要以上に頑張ってしまうタイプのよう。頼まれるとNOとは言えず、つい引き受けてしまうことも多いかもしれません。

そんなあなたが欲しくても我慢しているモノは、自由に人生を楽しむこと。勝手気ままに振る舞ってみたいけれど、白い目で見られることを恐れ、自分の欲求を抑制しているのでしょう。

しかし自由にしたからといって嫌われるとは限りません。むしろ自分らしくのびのび過ごしているあなたのほうが、一緒にいて楽しいと思ってくれる人も多いはず。だからこそ我慢しないで、自由な時間を過ごすことを自分に許してください。

B:「川」を選んだあなた……安心していられる居場所

この答えを選んだ人は、頭の回転がかなり速いタイプ。一方で人に合わせるのがあまり得意ではなく、「空気が読めない人」「付き合いづらい人」と周りから誤解されているかもしれません。思いついたことをすぐに口にしてしまい、あとで後悔することも多いかも。

あなたが欲しくても我慢しているモノは、安心していられる居場所でしょう。世の中にはいろいろな人がいますが、中には「波長が合う!」と感じる相手がいるはず。そんな人を見つけたら、少しだけ心を開いてみてもいいのではないでしょうか。

理解してもらえないと思っていたのは自分だけで、案外優しく受け入れてもらえたり、ホッとできる居場所ができたりするかもしれませんよ。

C:「キスシーン」 を選んだあなた……刺激的な毎日

あなたは今の生活や人生にややマンネリを感じてはいるものの、安定した暮らしを手放す気はあまりないのかも。だからこそ、本当は退屈だと思っているのに、ハードな仕事やそれほど興味のない勉強なども続けられるのでしょう。

あなたが欲しくても我慢しているモノは、刺激。ドラマや映画のようにドラマティックでなくても、ステキなハプニングがあるようなドキドキする毎日に憧れていそう。

そんなときめく人生を送りたいなら、現状を一変する必要はありません。むしろ今できる範囲で冒険するだけでOK。髪型を変えたり、ランチに行く店を開拓したりと、小さなことでも楽しみを見つけられれば、毎日ワクワクして過ごせるはずです。

D:「ダンサー」を選んだあなた……社会的ステータスを得ること

無自覚かもしれませんが、この答えを選んだ人は自己承認欲求が強いみたい。とはいえ主体的に自分を売り込むのは恥ずかしいと感じており、周囲に認めてもらえるかどうか不安なのでは? そのため目立たないように、できるだけ静かに過ごしていることが多いかもしれません。

あなたが欲しくても我慢しているのは、社会的なステータスを得ること。大勢の人から知識の豊富さやスキルの高さを認められ、ゆるぎないポジションを築くことに密かに憧れているみたい。

もし今のままでは実力不足と感じるなら、特別な技術や資格などを取得するのもいいこと。箔と自信がつけば、遠慮なく自分をアピールできるようになり、自然と周囲からの評価も高まっていくでしょう。

おわりに

「欲しくても手に入らない」と思っているのは、もしかすると自分だけかもしれません。秘めた思いを自覚して動き出せば、状況は変わっていくはず。一歩踏み出せるように、勇気を出してみてくださいね。

©Alona_Hrinchenko/shutterstock

文・月風うさぎ