フランス在住のカメラマン、松永学さんによる、フランスの猫さま紹介! 第179回目はスコティッシュ・フォールドのタイスー(Taisū)さま。

日本が好きな飼い主をもつ猫さまの物語

【フレンチ猫さま】vol.179
猫さまの話をもっと聞かせて!
タイスーさまはもうすぐ1歳の女性猫さま。




<タイスーさまが語ります>
私は中庭が見える大きなロフトタイプのアパートに住んでいます。とても明るくて静かです。パリのど真ん中、サン・マルタン運河の近くなのに、一軒家にいるような錯覚に陥るほどです。いい環境なのでよく眠れています。



朝起きて、最初にご飯をもらうのはこの家のお父さんからです。目覚まし時計が鳴るのを静かに待ってからご飯をもらいます。昼になると、お母さんのオフィススペースに遊びに行き注意を引きます。もっと小さかった頃は、お母さんがパソコンで仕事をしている間、ずっと机の上にいました。お母さんは家で仕事をしているので、一日中、抱っこの時間が多いのです。



夜になるとベッドで一緒に寝ますが、夜中には一人で家を徘徊します。毎朝、肉か魚のパテが出てきます。それから一日中少量のカリカリもいただきます。私の特別な食事はありません。獣医のアドバイス通り、いつも同じものを食べていて、人間の食事は食べません。時々、良い行動をするとおやつをもらいます。例えば、爪を切った後とか。



幸運にも家の中に部屋がたくさんあるので、家の中で散歩ができます。ソファの上で寝るのが大好きで、シートの上や端っこでも寝ています。飼い主がキッチンにいるときは、ピアノの脚の上で休むのも大好きです。



小さなおもちゃをたくさんもっていますが、一番興奮するのは、クレープ・ダンテルの包み紙で作った金色の紙のボールです! ボール状に丸めて、投げてもらいます。そのボールを取りに走り、床を滑って(肉球の間に毛を挟んで)ボールで遊び、口にくわえて飼い主たちのところに持って行って、足元に置いて遊び続けます(まるで犬のように)。



性格はとても穏やかで、怖がりと言われます。飼い主夫婦はもう若くなく、ここの子どもたちも成長して家を出たので、穏やかな生活には私が欠かせないそうです。ブリーダーは、私を「鳴く機械」だと断言しましたが、それは本当です! 家の中では何も壊さないし、飛び跳ねたりもしないし、飼い主たちが食事をしているときにテーブルの上に乗ったりもしない。とてもお行儀がいいのです。1階だから、ドアが開くとすぐに外に飛び出すんじゃないかと飼い主は心配していたらしいけど! 玄関のベルが鳴ったり、誰かが入ってきたりすると、怖がって隠れてしまうのです。


<飼い主から見たタイスーさまとは>
私たち夫婦は子どもの頃にそれぞれ猫を飼い、新婚の頃にも飼っていました。でも、タイスーは今まで飼った猫の中で一番かわいいというのが二人の意見です。



私も夫も日本が大好きです。Taisū(タイスー)は”大数”や”対数”と訳せますが、夫の統計学の仕事にちなんで名前をつけました。猫をブリーダーから購入したのは、性格が合う特定の品種が欲しかったからです。ブリティッシュショートヘアとの交配種であるスコティッシュフォールドを選びました。スコティッシュフォールド特有の寝相は仰向けで前足を曲げて、さらに広げて寝ます。それは、彼女が私たちをどれだけ信頼しているかを示すもので、面白くもあり、感動的でもあります。



小さな丸い頭、大きな目、小さな耳がフクロウのようです。「カワイイ」という言葉は彼女のために発明されたと思うくらいです。まあ、丸くて小さなフクロウのような頭と、1歳になってもまだ子猫のように見える短い脚、グレーとベージュの縞模様の被毛は見事で、とても柔らかい。まっすぐでふさふさした縞模様の尾は、マダガスカル(アニメのほう)のキツネザルを思い出させてくれます。



タイスーは私によく似ています、もともと穏やかで、スポーツが嫌いで、よく寝て、お行儀がよくて、あまり冒険はしない! そっくりです。もし彼女が私に話すことができたら、私が彼女の爪を切りたがるときと、彼女に十分な食事を与えないとき以外は、私のことを好きだと言うと思います! 休暇や週末の遠出から帰ってくるたびに、再会を喜びます。旅の終わりが悲しくなることは、タイスーが来てからは感じません。タイスーは私たちの人生のちょうどいい時期にやってきました。子どもたちが家を出てからというもの、私は自宅でひとりで仕事をしているため、夫の帰りを待って堂々巡りをすることが多く、時には深夜になることもあったのです。そんな時にもタイスーは私に癒しと安らぎを与えてくれる存在です。もう大きくなった子どもたちにはしてあげられない抱っこも、彼女は喜んで鳴いて受け入れてくれるのです。


ーーまん丸お目目で甘え上手なタイスーさま、PCの横でこんな表情されたら仕事にならないのでは? 飼い主の仕事のほうが心配になりますね。仰向けになった姿を見るとそこに顔を埋めたくなってしまうぐらい可愛い存在でした。


著者情報

松永学
猫さま好きフォトグラファー。雑誌、webなど多くの媒体で活躍。猫歴、実家に通っていた野良を含めると10匹以上、パリには2匹の猫さまを連れて移住、現在は保護猫3匹と暮らす。どこへ行っても通りで見かけた猫さまに挨拶は忘れません!

取材、文・Manabu Matsunaga