フランス在住のカメラマン、松永学さんによる、フランスの猫さま紹介! 第206回目は黒白ハチワレ猫のスピーディ(Speedy)さま。

いろんな呼び名がある猫さまの物語

【フレンチ猫さま】vol.206
猫さまの話をもっと聞かせて!
スピーディさまは8歳の男性猫さま。




<スピーディさまが語ります>
僕の住まいは大きな一軒家です。階段もたくさんあるのですが、広すぎて僕にはもてあまします。



8歳なので1日のほとんどの時間を眠って過ごし、時々窓の外を眺めます。特に西陽が入る窓からの眺めは最高です。夜は外を少し散歩したりしますが、狩りは疲れるからしません。家は心地いい場所がたくさんあるので、気分を変えながら移動して落ち着く場所を選んでいます。飼い主たちと同じ部屋のソファ、肘掛け椅子、ベッドなどなど…。



食欲は旺盛ですよ。飼い主たちが料理を始めるとすぐにキッチンについて行きます。飼い主たちは僕のことを、あまり遊ばずとても怠け者で気まぐれだと言っていますが、そんなこと気にしませんよ。


<飼い主から見たスピーディさまとは>
我が家ではこれまで何匹か猫を飼っていましたが、こんなに長く飼ったのはスピーディが初めてです。近所には猫嫌いの人がいるから少し注意が必要です。でもスピーディもそれをわかっているのか、猫嫌いの人には決して近づきません。あまり行動的ではない性格もあるのでしょうが…(笑)。あまり遊ばず、とても怠け者で気まぐれです。甘えん坊で彼の頭をかいてあげるととても喜ぶのでよくなぜまわしています。



彼は路地裏で生まれた猫です。名前はスピーディですが、私たちは彼を決してそうは呼びません。あまり行動的でもありませんので名前をつけ間違えたのかもしれません。私は「猫」、娘たちは「私の七面鳥」または「私の愛」と呼びます。



スピーディがやってきた経緯は、次女の誕生日に、長女が友だちのところから持ち帰りました。それはそれは素晴らしい誕生日プレゼントになりました。



スピーディはお腹が空いたときや外出したいときに私に注意を惹きつける方法を知っています。私の足の甲を軽く噛む悪い癖があるんです。でもスピーディが寄り添ってくれると決め、抱きしめる時間は最大の喜びを感じます。彼は私に存在感と安らぎをもたらしてくれるのです。


ーー名前をいくつももっているスピーディさまは、どうやら温厚な性格のようですね。家の人がそれぞれ勝手な呼び名で呼んでも、ちゃんと聞いているようで理解しているのです。
名前負け? でしょうか! いやきっと小さい頃は行動的な元気な猫でいてほしいとの思いで名付けたのでしょう。でもスピーディはスピーディ! 名前を変えることは考えていないとのことでした。


著者情報

松永学
猫さま好きフォトグラファー。雑誌、webなど多くの媒体で活躍。猫歴、実家に通っていた野良を含めると10匹以上、パリには2匹の猫さまを連れて移住、現在は保護猫3匹と暮らす。どこへ行っても通りで見かけた猫さまに挨拶は忘れません!

取材、文・Manabu Matsunaga