悩んでいるときに、何とかしようとすればするほど、かえって落ち込んでしまうこともありますよね。そんなとき、心をラクにするにはどうすればいいのでしょうか。今回は、イラストが何に見えるかにより「あなたの“苦しみが和らぐ方法”」がわかる心理テストをご紹介します。

Q.あなたは下の図が何に見えますか? 次の中から、最も近いものを一つ選んでください。

A:イカ
B:踊っている人
C:髪の毛
D:植物の根

あなたはどれを選びましたか? さっそく結果を見てみましょう。

この心理テストでわかるのは?

「あなたの苦しみが和らぐ方法」

深層心理において“どのような見え方もできる抽象的なイラスト”は、あなたの性格の傾向を反映するもの。そして何に見えたかは、あなたが思い悩みがちな心配を緩和させる方向性を意味しています。そのため選んだ選択肢により、「あなたの苦しみが和らぐ方法」がわかるのです。

A:「イカ」を選んだあなた……体を動かしリフレッシュする

あなたは慎重派でよく考えてから行動に移すタイプのよう。それゆえに行動力に乏しいところがあり、いつまでも一人で悩みを抱え込んでしまう傾向があるかもしれません。

苦しみを和らげるには、体を動かして心身をリフレッシュさせるのがおすすめ。特に、朝の時間帯に太陽の光を浴びながら、10〜20分程度軽く歩いてみて。体を動かすことでモヤモヤがなくなっていくだけでなく、幸福感が高まって苦しみが和らいでいくでしょう。ウォーキング中の意外な発見が解決の糸口になる場合もあるはず。

B:「踊っている人」を選んだあなた……やるべきことを手帳に書き出す

あなたは好奇心旺盛で、いろいろなことに挑戦するポジティブなタイプのよう。さまざまなことを吸収しながら、自身の魅力をどんどんと高めていけるようです。ただ、やりたいことがたくさんありすぎたり、少し飽きっぽいところがあったりして、収拾がつかなくなってしまいがち。優先順位がつけられず、キャパオーバーに苦しむこともあるでしょう。

苦しみを和らげるには、やるべきことを手帳に書き出すのがおすすめ。そして、やり終えたら印をつけていきましょう。このように記録をつけると達成感を得やすくなり、ハツラツとした気分でいられるはずです。

C:「髪の毛」を選んだあなた……どれくらい成長できたかを振り返る

あなたは努力家で、やるべきことにコツコツ取り組めるタイプ。責任感も強く、与えられたことに実直に対応できるのが魅力と言えます。ただ、無意識的に自分と他人を比べてしまう性格のクセがあるよう。「ここは勝ち、ここは負け」と勝ち負けにこだわるところもあり、それによって自己肯定感が下がって苦しんでしまうことも。

苦しみを和らげるには、過去の自分と今の自分を比較して、どのくらい成長できたかを考えると良いでしょう。ありのままの自分で良いと認められれば、他人と比較することも自然となくなり、自己肯定感も安定するはずです。

D:「植物の根」を選んだあなた……過去や未来に悩まず今に集中する

あなたは頭の回転が速く、視野が広いタイプだと言えます。いろいろな視点から物事を見られるため、頼りにされることも多いのでは? ただ、過去の自分の失敗をいつまでも忘れられなかったり、未来のことを考えすぎて不安にかられたりすることも少なくないようです。

苦しみを和らげるには、過去や未来を現在から切り離し、今目の前にあることに集中するのがおすすめ。過去は変えられず、未来は確定していません。大事なのは、今ここにいるあなた自身です。今に意識を向けることができれば、余計な気苦労から解放されるはず。

おわりに

苦しみはなるべく早く取り除きたいものですが、自分の考え方や価値観が変わったり、新たなチャンスを掴むための土台になったりすることも少なくありません。苦しみを和らげつつも立ち向かう勇気を持つと、意外な恵みがもたらされることもあるでしょう。

脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター

株式会社ヒューマン・ライフ出版代表取締役社長、企業占術鑑定士、大学講師、秀心寺住職。

©Kilroy79/shutterstock

文・脇田尚揮