フランス在住のカメラマン、松永学さんによる、フランスの猫さま紹介! 第207回目はロシアンブルー風のグリズー(Grisou)さまとキジ猫のノワゼット(Noisette)さま。

200km離れたところからやって来た猫さまたちの物語

【フレンチ猫さま】vol.207
猫さまの話をもっと聞かせて!
グリズーさまとノワゼットさまは共に4歳の男性猫さま。



<グリズーさまが語ります>
僕たちはおいしいものがいっぱいあると言われるリヨンの街の、メゾネットタイプのアパルトマンに住んでいます。眺望の良いベランダは僕らの大のお気に入り。明け方5時を過ぎると退屈で我慢できなくなり、まずは僕がこの家の飼い主の夫の胸の上に乗ってフミフミ、ゴロゴロを始めます。続いて弟のノワゼットが飼い主の枕元にやってきて猫パンチをスタート。「起きて〜」の嵐です。6時ごろ、渋々飼い主が起きて、お待ちかねのウエットフードの朝ごはん登場です。



お腹が落ち着いたところで、ノワゼットは1日のうちの唯一の活動タイム! ヘアゴムを飼い主の足元に持ってきて「投げて」のおねだり、犬みたいに走って取って持って帰ります。でも30分もしないうちにお疲れモードになり、お気に入りのソファーで夕方までぐっすりです。
僕といえば、ほぼ午前中いっぱい遊びまくります。とにかく飼い主の後をついて周り、ピンポン玉を追いかけたり、お風呂場のカーテンの裏で待ち伏せしていたり、パソコンの前にいる飼い主にちょっかいをかけたり、台所で何かひっくり返したり…。



午後はようやく静かな時間、それぞれお気に入りの場所でお昼寝をします。季節のいい時はベランダのソファーで、冬は窓辺の椅子で阿吽の狛犬のように並んで眠ります。夕方になるとまず僕が先に目を覚まし、台所で夕食の料理を作っているところをじ〜っと眺めています。隙があれば何か盗んだりしながら。



食後、僕はソファーにいる飼い主の足元で、ノワゼットは飼い主の夫のお腹に乗って眠っています。眠るために2階に移動するときはみんな一緒に寝室へ。僕たち家族はいつでもどこでも一緒です。



特別な日のごはんは日本から持ってきてもらった「ちゅ〜る」。お利口にお留守番をした時など、大抵はふたりで1本ですが、お正月やお誕生日など本当に特別な時はひとり1本、大興奮です! 鶏の胸肉を茹でたもの、日本から持ってきた鰹節などが入ったカリカリを時々もらいます。僕たち兄弟がどんなに仲が良いかわかりますか?


<飼い主から見たグリズーさまとノワゼットさまとは>
パリに住んでいた今から20年程前、同じアパートの上の階の猫ちゃんがいつも中庭で待っていてくれて、一緒に時間を過ごし癒されたことで、犬派だった私が猫派になりました。帰国後、どうしても猫が欲しくて里親になれる猫を探していたところ、嵐の日に側溝に落ちてずぶ濡れで泣いているサビ猫の子猫を発見。連れて帰ったのが我が家第1号のニャンコでジジです(現在17歳で日本の実家にいます。私の父とラブラブです)。



グリとノワは自分の猫としては2代目になります。私がフランスのリヨン在住となったのは2018年からです。猫と暮らしたい! と思いながらも、なかなか踏み切れずにいました。子猫を探そうと思った2020年、コロナ禍になってしまいました。まだ猫歴が短いので、どうしても子猫から育てたいと思っていたのですが、コロナ禍で子猫の需要が高まり、『SPA』も『leboncoin』でも、募集が出たと思ったら既に他に決まったところと、なかなかご縁がなかったのです。そんな時お隣さんのお母さんの友人が子猫の里親を探していると、4匹の写真送ってくれました。もちろん一瞬で決めました! でも1匹に決められず、2匹引き取ることにしました。



生後8週間になるのを待って、いよいよ引き渡しとなった時、なんとリヨンから200km以上離れたオーヴェルニュの山奥に住んでいることが判明! 当時、コロナで100km以上の移動が禁止されていたので、まずは飼い主さんにクレルモン・フェランまで連れてきもらって、飼い主さんの友人がクレルモン・フェランとリヨンの間(それぞれ80km)にあるサービス・エリアまで来てくれて、そこで合流して引き取りました。何人ものリレーのため、受け渡しの日がなかなか決まらず、最後は無理かなぁと思っていただけに、出会った時は感動の嵐でした。ノワゼットは女性と聞いて引き取ったのですが、獣医さんで男性と判明! ノワゼットは女性名詞ですし、性格もおっとりでどうも女性扱いしてしまいます。



今ではふたりとも平均体重を超えているとかで、獣医さんからダイエットをするように言われています。食べ放題ではなく、決められた量をそれぞれに時間を決めて与えています。朝のウエットフードのあとは、尿路結石ケア&ダイエット用のカリカリです。グリズーは時々血尿になってしまうので、獣医さんから勧められた尿路結石ケアのみ与えています。それぞれの体内チップで反応してオープンする餌入れを使っているのですが、グリズーはノワゼットの餌入れが閉まる直前に手を入れることで、自由に開ける技を習得し、時々ノワゼットが残したカリカリを食べてしまいます…。


<グリズーの性格>ひと時も離れず付きまとうくっつき虫(トイレもお風呂も…ほぼストーカー)。睡眠時間も猫にしては短く(寝る時は死んだように眠っています)、常に動き回っていて、ゴミ箱に閉じ込められたり、蜂に刺されて手が大きく腫れたり、と問題児。何かいたずらをして私たちの気を引こうと必死です。怒られてもあっちへ行けと言われてもめげないくせに、意外に繊細(家族以外の人が来ると大人しくなる)で、ひとりぼっちになるのが大嫌いです。



<ノワゼットの性格>おっとり、あっさりしていて、無邪気そのもの。とにかく寝ている時が一番幸せって顔をしています。そして猫とは思えないくらい不器用。ちょっとしたところで滑ったり、階段を踏み外したりするのがかわいい。強いグリズーお兄ちゃんの後ろを追いかけている感じ。だいぶ遅れて、お兄ちゃんの真似をするので、意外に見てるんだなぁって思います。



ふたりとも人見知りもないし、子どもでも遊んでくれる人は大好き。何をされても引っ掻いたり噛みついたりしないので安心。撫で放題です(いくら撫でても、嫌がったりしません)。餃子パーティーの時はみんなが包んだばかりの餃子を盗み、くわえて家中走り回った事件は今でも語り草です。食パンが齧られていたり、スーツケースに入れていたお土産のお菓子のビニール包装を開けてつまみ食いしたりと、一瞬で盗みます!

ヘアゴムを投げると走って取りに行って持ってきて、わんちゃんみたいです。水が入ったコップをひっくり返したり、段ボールを噛んだり、びっくりした時に尻尾が大きくなって、たぬきみたいになったり。フランスでは家にいる時間が長い私にとって、生活のほとんどの時間を一緒に過ごし、ふたりがいるお陰で元気をもらい、私たち一家を幸せな気持ちに包んでくれるのです。


ーーグリズーさまとノワゼットさまがとても仲良しなのは写真を見てもわかりますね。しっかり者のお兄ちゃんグリズーさま、そしてちょっとドジなノワゼットさま兄弟は今日も飼い主たちへ幸せを運んでくれているのでしょう。


著者情報

松永学
猫さま好きフォトグラファー。雑誌、webなど多くの媒体で活躍。猫歴、実家に通っていた野良を含めると10匹以上、パリには2匹の猫さまを連れて移住、現在は保護猫3匹と暮らす。どこへ行っても通りで見かけた猫さまに挨拶は忘れません!

取材、文・Manabu Matsunaga