フランス在住のカメラマン、松永学さんによる、フランスの猫さま紹介! 第209回目はヨーロピアンのナラ(Nala)さま。

森のお散歩が大好きな猫さまの物語

【フレンチ猫さま】vol.209
猫さまの話をもっと聞かせて!
ナラさまは4歳の女性猫さま。




<ナラさまが語ります>
私は森の端にある小さな家に住んでいます。家のすぐ横が森なので、飼い主とよく散歩に出かけます。1日の日課は食べて寝て遊ぶ、時たま動物を見つけたら追いかけます。



『ピュリナ』のカリカリとウェットフードを食べますが、おやつにヨーグルトを舐めるのが至福の時間です。家の中で一番好きな場所は飼い主のパートナーのソファまたはオフィスチェアです。



特技はかくれんぼをすること。飼い主が庭仕事の時は付き添い、お気に入りの場所を探します。心地いい場所を見つけたらそこで居眠りします。みんなからはとても遊び心がある猫と言われています。


<飼い主から見たナラまとは>
2023年末に猫協会に保護されたナラは、どうも前の飼い主が飼うことができなくなってしまったようです。私たちは彼女が保護されてから2週間後に養子にしました。



最初に会った時、私たちはナラの顔に惚れました。そして私たちが養子基準をクリアできることがわかり、家族の一員になりました。ナラが来る前から12歳の赤トラのオス猫がいたのですが、ナラが到着してから数か月後に私たちの元を去ってしまいました。その間は一緒に森を散歩したり、とても仲良くしていました。



来たばかりの頃のナラは私たちに慣れるまでに時間がかかりましたが、今ではべったりです。ナラのかわいいところはニャーと鳴いたり、クーと鳴いたりする時です。その時の表情がたまらないんです。
ナラと私の共通点は森の中を歩くのが好きなことで、時間があれば一緒に散歩に出かけています。行き先はわからなくても迷わず一緒に歩く! 私たちがナラを連れ出すと、彼女はごきげんになるということがわかります。そしてナラはいつでも私たちといっしょにいることで安心しているようです。休んで景色を眺めたいときは、バックパックの中に入れています。森歩きの時はいつも背負っています。



ナラは私たちに愛とたくさんの笑いをもたらしてくれます。我が家のもう一匹の猫はナラの到着後1年も経たないうちに家を出てしまい、もうナラと一緒に遊べないことに心を痛め、辛かったです。でも今はナラがいて、私たちはナラに幸せで充実した人生を送ってもらいたいし、一緒にいてできるだけ彼女にたくさんのことを発見してもらいたいと思っています。


ーーナラさまはとても遊び心がある猫さま。他の猫にアタックされて入院もしたことがあるそうです。そのため最近はリードをつけての散歩になったとか。けがの後は家の中で安静にしていた時期がありましたが、今では元気に森に出かけているそうです。


著者情報松永学
猫さま好きフォトグラファー。雑誌、webなど多くの媒体で活躍。猫歴、実家に通っていた野良を含めると10匹以上、パリには2匹の猫さまを連れて移住、現在は保護猫3匹と暮らす。どこへ行っても通りで見かけた猫さまに挨拶は忘れません!

取材、文・Manabu Matsunaga