フランス在住のカメラマン、松永学さんによる、フランスの猫さま紹介! 第210回目はヨーロピアンのシフ(Shifu)さま。

とにかくハグが大好きな猫さまの物語

【フレンチ猫さま】vol.210
猫さまの話をもっと聞かせて!
シフさまは9歳の男性猫さま。




<シフさまが語ります>
僕はパリ市内にある小さなアパルトマンで暮らしています。一晩中穏やかにすやすやと眠り、飼い主たちと同じ時間に起きます。それから窓際で新鮮な空気を吸ったり、朝食に小さなムース状のパテを食べます。飼い主がヨガをしている時以外は昼寝をします。



昨年友人をふたり亡くして以来、僕はあまり遊ばなくなりました。今年はとても大変な年で、まだ仲間がいない生活に慣れていません。でも飼い主たちは僕を刺激するためなのか、おもちゃや箱、猫ポールなどを使って僕の好奇心をくすぐるように毎日最善を尽くしてくれています。夜、飼い主たちが映画を見るとき、僕はいつもソファで飼い主に抱きつき、それからパパの脚の間に寄り添って寝ます。



寝る時間になると、飼い主のお腹の上に座って、電気が消えるのを待ちます。部屋が暗闇に包まれると、部屋から出ていくか、飼い主たちの足元に横たわります。

キッチンカウンターの高いところにある楽しいボウルに、セルフサービスのカリカリが入っています。だから僕は毎日運動が欠かせません! あまりグルメではありませんが、アマゾンナッツが大好きです。食べ物やおやつにとてもうるさいのです。最近、猫用の小さなケーキを作るための粉末製剤を提供する『Popotte』というブランドを発見し、とても気に入っています。



時期や季節によってお気に入りの場所がいくつかあります。寝室のキャットツリーだったり、ベッド、ソファ、リビングルームの窓辺のハンモックなどです。包み込まれるような柔らかいクッションも大好きです。ここ1年間、お気に入りのおもちゃは布製のクリスマスツリーでした。またたびを詰めたフェレットのぬいぐるみで緊張をほぐすのも大好きです。


<飼い主から見たシフさまとは>
私の名前はマリオン・ルフィエです。猫を専門とする行動学者で、猫に関する数冊の本の著者でもあります。また、サイト『absolumentchats.com』の創設者で、メディアのコンサルタントもしています。私が小さかった頃、両親は動物を飼いたがらなかったので、私はひとり暮らしをして猫を引き取ることができる日を夢見ていました。昔から猫が大好きだったのです。



ソウイプ、シジュウカラ、プーポウの3匹に加え、2014年にシフが私たちの生活に加わりました。本当に素晴らしい猫たちでした。それぞれが非常に異なる性格をもっていますが、全員がとても親切でした。今はシフだけと暮らしています。彼はおそらくベンガルの遺伝子をもっているオスの野良猫です。出会いはシジュウカラとプーポウ(昨年亡くなりました)が一緒にいた協会のホストファミリーとしてです。ある日、私と夫は数日間だけ滞在させる予定でシフを迎えに行きました。しかし、彼がキャリーバッグから出てきた瞬間、彼と私たちは一瞬で好きになったのです。彼は決して私たちから離れませんでした!



シフは誰からも愛される愛らしい猫です。彼はとても好奇心旺盛で、家に来客があると、とても喜びます。そして私にとても優しく接してくれます。本当に優しい心の持ち主ですね。私はとても幸運です! シフの特技は本当に私に信じられないほどのハグをしてくれる事。それをどう説明したらいいのかわかりません。私は毎日猫と一緒に幸せなエピソードを経験して、十分幸運だと言えます!



シフは写真を撮られるのも大好きです。シフは私のソウルメイトです。初日からそう感じていました。私は時々、彼が漫画の中ではどんなキャラクターになるだろうかと想像します。私には彼が1930年代の小さな記者のように見えます。なぜなら、彼はあらゆることについて「詳しく」なりたがって、みんなの後を追いかけたり、バッグの中を調べたりするのが好きだからです。彼は路上で新聞を売る少年になることもできます。なぜなら、彼は遠くからでも聞こえるニャーという鳴き声をもっており、自分の声を聞かせる方法を知っているからです。



私はシフを非常にハンサムだと思います。私は彼の毛並み、頭、口がとても猫らしくて大好きです! そして彼の性格はとても優しく、私は彼の胸を撫でるのが大好き、とても柔らかいです! 彼は穏やかで、自分の意見を伝える方法を知っているのです。他の2匹の猫が亡くなって以来、私たちは何かに少し迷っているのです。だから私たちは一緒に時間を過ごします。それでも彼は私が十分に撫でていないと感じているようです(笑)。私は仕事をしているので、いつも彼を抱きしめることはできません。でも、私が彼をとても愛しているのと同じように、彼も私をとても愛していると思います。それはふたりにとって素晴らしいラブストーリーです。彼は私にたくさんのものを持ってきてくれます。それに、私のすべての猫(そして猫全般)はいつも素晴らしいインスピレーションの源です。彼らに敬意を表して「猫のように賢く幸せになるための小さな箱」(コントル・ディレス版)という本を作りました! 毎日をより良く生きるために猫からインスピレーションを得る方法です。



シフからの最大の学びはマインドフルネス、今この瞬間を生きることです。私たちが抱き合うとき、それは機械的なものではなく、私は彼と一緒にいて、肌に彼の毛皮の一本一本を感じます。私はすべての愛撫を味わいます。猫は私たちに、自分の感情を抑圧するのではなく経験すること、自分の性質に耳を傾けること、遊ぶこと、他人の視線をからかうこと、無条件に愛することを教えてくれます。それらのリストはとても長いです…!


ーー昨年シジュウカラさまとプーポウさまが5か月違いで亡くなったことは、まだ飼い主の中で痛みが続いています。彼らを手放すのはとても辛かったし、今でも当時のことを思い出すそうです。彼らが息を引き取り、そして体が冷たくなり、埋葬される体験してからは(実家で飼い主の父は彼らのために石碑を作り、田舎に行くときはそこに弔問に行くそうです)、シフさまが亡くなるときににどうやって別れを告げるか想像する準備ができないと。2名の愛した猫さまのときと同じように、注意深く完全でありたいと思っているので、彼を苦しめたり、利己的になったりしないようにしたいと思うとおっしゃっていました。抱っこ好きなシフさまは本当に幸せですね。


著者情報松永学
猫さま好きフォトグラファー。雑誌、webなど多くの媒体で活躍。猫歴、実家に通っていた野良を含めると10匹以上、パリには2匹の猫さまを連れて移住、現在は保護猫3匹と暮らす。どこへ行っても通りで見かけた猫さまに挨拶は忘れません!

取材、文・Manabu Matsunaga