フランス在住のカメラマン、松永学さんによる、フランスの猫さま紹介! 第220回目はメインクーンの ココ(Coco)さまの登場です。

立派なたてがみをもつ猫さまの物語

【フレンチ猫さま】vol.220
猫さまの話をもっと聞かせて!
ココさまは5歳の男性猫さま。




<ココさまが語ります>
僕の家は広い庭のある一軒家です。朝庭に出て、森へ狩りに行き、午後には家に帰って長い昼寝をします。
食事のメインはカリカリですが、牛ひき肉または鶏肉とウェットフードも食べます。でもどちらかというと魚のほうが好きです。大きなエビと食後のアイスクリームが出てきた時は特別な日です。なかなかのグルメ猫だと思いませんか(笑)。



昼寝は居心地の良い自分用の小さなベッドが好きです。なにせ体がピッタリ包み込まれると安心しますからね。もちろんその他の空箱や手提げ袋など僕のサイズに合うものならすぐに入ります。家の中の遊びはペンがあれば他は必要ありません。どこにでも転がして追いかけまわします。



ジャンプが得意で外では小鳥を追いかけます。止まり木のような高いところに座るのも好きなので、飼い主は僕を「止まり猫」と呼んでいます。


<飼い主から見たココさまとは>
ココは今オーストラリアに駐在している友人がプレゼントしてくれました。ココは他の人や動物に対して攻撃的ではありません。撫でてもらうためにやって来ますがやめた途端に去っていきます。一方で、抱っこしてもらうことに決めたときは、私の上に乗ってきてゴロゴロ喉を鳴らします。私にとってココは素晴らしい仲間で、とても賢く、すべてを理解してくれる存在です。



遠くから私の車であるフィアット500の音や、私が到着したときの音を検出できます。外にいると走って私のところへやってきます。オオヤマネコのような耳と美しい尻尾がチャームポイントです。私たちは一日のなかでひとりの時間を楽しむのが好きなところが似ています。ココは庭に出て、ちょっとしたひとりの時間を過ごすのが好きですが、私も、ちょっとした時間をひとりで過ごすのが好きです。



私が彼に対して感じていることをココも感じていると思いますし、私の存在やハグを通して私も彼にたくさんの愛を与えています。彼は何も欠けているところはなく、彼は家の王であり、彼自身それを知っています。



私はこれまで猫を飼ったことがありませんでしたが、ココを見たときにすぐ心が通じ合いました。ココは最初、かなり野生的で、孤独な猫でしたが、周囲を何度も視察するうちに、徐々に私の家が彼の家となり、私が彼の第二の母親になりました。一緒にいて一番楽しい時間は、私が寝転がっている時にココが私の上に乗ってきて、抱っこを求めてくる時です。



私がだるいときや体調が悪いとき、ココがそれを察知してくれるので、ココの存在がとても助けになってくれます。ココが私のもとを離れるとき、私は彼女のお気に入りのおもちゃを彼女に与えたいと思います。そして彼女の魂を常に私の中に刻みます。


ーーなんとも見事なたてがみをもつココさまは、まるでライオンのような凛々しい顔をしています。野生味を持ち合わせていて、小さい動物や虫よりも鳥のように飛び立つものに興味があるそうです。ここでは捕獲の瞬間はお見せできませんが本当にすごいジャンプ力の持ち主でした。


著者情報松永学
猫さま好きフォトグラファー。雑誌、webなど多くの媒体で活躍。猫歴、実家に通っていた野良を含めると10匹以上、パリには2匹の猫さまを連れて移住、現在は保護猫3匹と暮らす。どこへ行っても通りで見かけた猫さまに挨拶は忘れません!

取材、文・Manabu Matsunaga