いま欲しいのは、品がよく程よいカジュアル感のある服。季節が移り変わるこの時期に、新たにクローゼットに取り入れたいアイテムを紹介します。

〈ハイク〉から届いた、カウチンセーター風のニットベスト。

〈ハイク〉の秋冬コレクションで目を引いた、ボリュームたっぷりのニットベスト。伝統的なカウチンセーターの要素を取り入れ、極太のウール糸を用いてハンドメイドで仕上げている。両サイドはオープンになっているのが特徴で、ベルトが小気味よいアクセントに。温かみと都会的な表情を兼備しているから、シャツワンピースなどクリーンなアイテムにも好相性。

ベスト¥68,200(ボウルズ 03−3719−1239)

公式サイトはこちら

都会にも自然にもなじむ、〈ミズノ〉と〈マーガレット・ハウエル〉のコラボスニーカー。

大人の装いになじむデザインと履き心地の良さで人気を集める〈ミズノ〉と〈マーガレット・ハウエル〉のコラボスニーカー。黒一色でモダンに仕上げた新作は、ゴアテックスファブリクスを採用したハイキングシューズがベースで、防水性と透湿性に優れ、クッション性もあり、歩きやすさも抜群。都会にも自然にも合う洗練された雰囲気が漂う。

シューズ¥26,400(マーガレット・ハウエル 03−5467−7864)

公式サイトはこちら

ユニセックスラインも充実している〈エレ ストリオフ〉の新作コート。

昨年デビューした〈エレ ストリオフ〉は、今の気分を体現したシンプルで上質なウェアが揃うブランド。ユニークなのが、男女兼用で着られるアイテムの充実ぶり。ミリタリーのフィールドジャケットを現代的に再構築したコートは、袖を折り返し、内側に施されたボタンで留めることで袖丈を変えることができる。ウエストと裾に施されたドローストリングを絞って着ても。

コート¥61,600(03−6748−0212)

公式サイトはこちら

photo : Eri Kawamura styling : Mari Nagasaka text : Yasuko Mamiya

『&Premium』No. 94 2021年10月号「&selection」より