選・文 / 本屋プラグ

This Month Theme花を飾り、植物を育てることが楽しくなる本。

かつて年末のパリの街かどで宿り木を買って以来、冬至、クリスマスには飾らずにはいられなくなったというフランス文学者の杉本秀太郎は、京都に暮らしながら、冬至を控えた頃には時に伏見や彦根まで、宿り木を採りに出掛ける。
「刈り取った宿り木の葉は、茎とともに金色を帯びてますます美しくなる。宿り木の実は真珠のように白くかがやいている。」(八丁平の宿り木)
宿り木は他の樹木の枝や幹に寄生し成長する植物で、欧米ではクリスマスの時期に飾られることが多い。冬でも緑を枯らさないことから生命力の象徴とされ、日本でも長寿につながる縁起の良い木と考えられてきたそう。山歩きの折には、緑のくす玉のような形をした宿り木を探してみるのも、また一興かもしれない。


BOOKSHOP 本屋プラグ

和歌山市万町の小さな本屋。新刊・雑誌・古本・古書・絵本・リトルプレス・ZINEなどを取り扱う。本に纏わるトークイベントや、落語会、音楽イベント等も。和歌山ミニシアター企画共同主催。 最寄り駅は南海電鉄和歌山市駅。 住所:和歌山県和歌山市万町4 ニューリチャードビル 南1F 営業時間12:00〜20:00 (土日は18:00まで) 定休日:水曜