コペンハーゲンのデザインデュオ〈スティルレーベン〉が
手がけるカラフルな器。

日本展開を本格スタートさせたコペンハーゲンのデザインデュオ〈スティルレーベン〉のプロダクト。”メンフィスストーンウェア”は使いやすい形と優しい色みが魅力の食器シリーズ。傷がつきにくい釉薬を採用し、耐久性も高い。日本とのコラボアイテムとして箸の名産地・福井県小浜市で作られる天然木のトングと箸も登場。

プレート[φ21×H3㎝]各¥3,960、トング¥4,180(以上スー www.suu-sapporo.jp)

公式サイトはこちら

トルコの職人が手作業で織り上げた、『ブルペン』のキリムラグ。

国内外から集めた良質な家具や雑貨をセレクトする『ブルペン』。トルコの職人が手作業で織り上げるオリジナルのキリムは、ヴィンテージの図柄を現代的な配色で仕上げ、あたたかさとモダンな雰囲気を同時に感じさせるデザインに。素材はドライな質感のウールで、素足にも気持ちいい。玄関などコンパクトなスペースに敷きやすいサイズも嬉しい。

キリムラグ[72×45㎝]各¥25,300(03−6407−0526)

公式サイトはこちら

photo : Eri Kawamura styling : Mari Nagasaka text : Yasuko Mamiya
※この記事は、No. 103 2022年7月号「&selection」に掲載されたものです。