August.05 – August.11, 2022

Saturday Morning

Title.
Sunshine Day
Artist.
Osibisa ぼくは長年土曜日の朝と日曜日の夜のラジオ番組を担当しているもので、まずはそのテーマ曲を連想しました。土曜日の方はこの曲。70年代初頭にロンドンで結成されたオシビサはガーナなど西アフリカのメンバーとカリブ海出身のメンバーとによるバンドで、当時「アフロ・ロック」と呼ばれていました。どちらかというとライヴを中心に人気があったのですが、1975年にこの曲がシングルでかなりヒットしました。冒頭の「One, two, sunshine!」という掛け声は「Weekend Sunshine」という番組名にぴったりだと思いつき、その後ずっとテーマに使い続けています。
アルバム『Sunshine Day』収録。

Sunday Night

Title.
Dance Music For Borneo Horns #1
Artist.
Lenny Pickett With The Borneo Horns こちらは更に長いです。インターFMの開局(1996年)と同時に始まった「Barakan Beat」のテーマ曲に選んだのは知る人ぞ知るインストルメンタルです。伝説のファンク・バンド、タワー・オヴ・パワーの初期メンバーだったサックス奏者レニー・ピケットは、デイヴィッド・ボウイの「レッツ・ダンス」のツアーに参加した後、そのホーン・セクションのメンバーと一緒に束の間組んだボーニオー(日本ではボルネオ)ホーンズで一枚だけアルバムを出しました。ダンス・カンパニーの依頼で作曲した音楽をサックス中心の管楽器と打楽器だけで演奏したものですが、緻密に編曲したこのファンキなサウンドは頭と腰を同時に刺激します。
アルバム『Lenny Pickett With The Borneo Horns』収録。


『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ 』 好評発売中。

音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 小西康陽、青葉市子、七尾旅人、長田佳子、テイ・トウワ、中嶋朋子……、 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付きです。 詳しくはこちら


ブロードキャスター ピーター・バラカン

1951年ロンドン生まれ。ロンドン大学日本語学科を卒業後、1974年に音楽出版社の著作権業務に就くため来日。現在フリーのブロードキャスターとして活動、「バラカン・ビート」(インターFM)、「ウィークエンド・サンシャイン」(NHK-FM)、「ライフスタイル・ミュージアム」(東京FM)、「Going Back - 音楽と世界」(らふくしまFM)、「ジャパノロジー・プラス」(NHK BS1)などを担当。著書に『ピーター・バラカン式英語発音ルール』(駒草出版)、『Taking Stock どうしても手放せない21世紀の愛聴盤』(駒草出版)、『ロックの英詞を読む〜世界を変える歌』(集英社インターナショナル)、『わが青春のサウンドトラック』(光文社文庫)、『ピーター・バラカン音楽日記』(集英社インターナショナル)、『魂(ソウル)のゆくえ』(アルテスパブリッシング)、『ラジオのこちら側』(岩波新書、電子書籍だけ)、『ぼくが愛するロック 名盤240』(講談社+α文庫、電子書籍だけ)などがある。2014年から小規模の都市型音楽フェスティヴァル「Live Magic」のキュレイターを務める。