お散歩に行くと、よく「拒否柴」になっちゃった子を見かけます。帰りたくなくて、断固として動かんという意を表するようにその場で踏ん張るのです。リードを引いてもダメ、抱えようとすると寝転んで「落ち柴」に変身。こう見えてモクは聞き分けのいいタイプなので、お散歩中の「拒否柴」はしたことがありません。でもおうちのなかでは、どこでも「落ち柴」しています。だってシバイヌは落ちているものですから。


シバイヌ モク

東京・八王子生まれ、都内“某一丁目”にかーちゃんと暮らすオスの柴犬。性格は限りなく猫に近く、人見知りで甘ったれな14歳。毎朝の散歩は1時間、かーちゃん帰宅後の散歩は30分、あとはだいたい寝て暮らしている。好物はかーちゃんが時々カリカリにのせてくれるササミの茹でたやつ。週末は海に行くことが多いけれど、水は大の苦手で、もちろんカナヅチの陸サーファーでもある。