京都・下鴨神社の境内3か所で2022年12月12日(月)まで開催中の〈ヴァン クリーフ&アーペル〉による エキシビション「LIGHT OF FLOWERS 花と光」。華道家・片桐功敦(あつのぶ)さんが〈ヴァン クリーフ&アーペル〉のジュエリーにインスピレーションを受け、新たな生の予感、託された未来への希望を、花そして植物という儚く有機的な営みを通して詩的世界へと表現している。

糺の森に現れる、落ち葉のトンネル。

下鴨神社境内へと向かう参道に広がる、糺の森。まず出迎えてくれるのは、落ち葉が降り積もったオブジェ。中に入ると、真ん中には丸い天窓があり、森を見上げることができる。その先には、片桐さんが見立てた御手洗場があり、川上に向かって花が活けられている。

「糺の森の参道の先に、縄文時代の遺跡があるのですが、この地が神社になる以前から、水を称え、さまざまな祭祀を行っていたことがわかります。多くの年月をかけて凝縮された自然の産物である石を、ジュエリーという形で枯れない花を生み出す〈ヴァン クリーフ&アーペル〉の世界観と、僕が活ける枯れていく花の世界観を融合することで、この場所を翻訳するような展示を作りました。土、水、枯葉、この森にあるものを集めて、生命の循環をこのオブジェで表しています」(片桐さん)

花の生命の循環を体感できる、幻想的な世界へ。

本殿の横に設置された特設会場。ここでは「移ろいゆく季節の中の花」を永遠の美と儚い美との対比の中に見出した世界が広がっている。

「花の世界では、秋は生命が終わりに向かっていく季節。でもその終わっていく季節があるからこそ、その次の春に芽吹く季節があるという循環が自然の美を永遠にするものだと考えます」(片桐さん)

会場には、片桐さんが撮影した落ち葉の写真が光を通す窓になっていて、水面に美しく反射している。また天井の埋め尽くされた落ち葉からこぼれる光が花を生き生きとした表情へと演出する。

「落ち葉の天井は、地中から落ち葉に埋もれた状態で見上げたときにこういう世界が広がっているのか、そして、すべてが土に還っていくという生命の循環が感じられる風景といったイマジネーションから生まれました。光が差し込むと星空にも見えます。また、奥の写真には虫が動いた痕跡を見てとれるような落ち葉を撮影し、それが水面に映り込むことで、虫食いの穴が光の穴になるようにしました。紅葉もよく見ると、1枚の葉の中にオレンジや赤、黄色などがあり、花だけでなく葉がきれいな季節でもあることを感じてもらえればと思います。花がなくなっていくこの季節は、世の中が静かになる期間でもある。でもそれは次の芽吹きの準備のために力を蓄えている時期。そういった落ち葉の下の世界をこの空間で体現してみました」(片桐さん)

写真や落ち葉の天井から微かに入ってくる陽の光が美しく反射する水面に活けられているのは、桔梗や小さな菊類。これからの季節は水仙や椿などへと変わっていくので、期間内に何度でも足を運びたくなるはず。

72点ものジュエリーの花々が咲き誇る細殿へ。

細殿には、障子からこぼれる柔らかい光の中、72点ものジュエリーが展示されている。

「職人たちの手によって様々な石から生み出されたジュエリーの花々が咲き誇る空間を作りました。糺の森のトンネルを作っていただいた左官職人に什器も仕上げてもらい、水面の揺れを削り方などで表現していただいたんです。また、散りばめられた花が川のせせらぎに流れていくようなイメージにすることで、森まで水の流れが続いていく"循環"を表しました。花だけでなく、葉っぱモチーフのジュエリーも展示しています」(片桐さん)

1930年代初めから現在まで、メゾンの最も大切なインスピレーションのひとつでもある花をはじめとした自然。今回は、色とりどりの「ローズ ド ノエル」、風にそよぐアネモネ、真紅に色づいたミステリーセットのぶどうの葉をはじめとしたコンテンポラリージュエリーだけでなく、貴重なミュージアムピースも並ぶ。秋らしいキノコのジュエリーもお目見え。メゾンが誇る細かい職人の技によって、見ているうちに自然の中にいるような錯覚に陥るほど、美しく永遠の美を称えているジュエリー。生命の循環を感じながら、時を超える美しさを体感してみては?

カラフルな「ローズ ド ノエル」の周りには蝶が舞う。ストーリーのある展示にも注目を。
大ぶりな花のデザインのジュエリーも点在している。
「ハコネシダ」(中央)のような繊細な植物のディテールも職人の細かい技で表現。

 

片桐功敦 Atsunobu Katagiri

華道家。花道みささぎ流家元。1973年大阪生まれ。人類が原始的にもつ、植物や自然への憧憬や畏敬の念を具現化するために、民俗学を手がかりに、いけばなの技術を用いた表現方法を模索している。空間設営から撮影までを自身でこなし、個展を中心に精力的に活動を続ける。写真集『Sacrifice─未来に捧ぐ、再生のいけばな』(青幻舎 2015)のほか、近年の展覧会に〈ヴァンクリーフ&アーペル〉とコラボレーションした「LIGHT OF FLOWERS ハナの光」(代官山T-SITE GARDEN GALLERY 2021)、国際写真展「KYOTOGRAPHIE」(二条城 2021)など。

   

EVENT INFORMATION

〈ヴァン クリーフ&アーペル エキシビション「LIGHT OF FLOWERS 花と光」

会場:世界遺産 下鴨神社(賀茂御祖神社)境内
会期:2022年11月3日(祝・木)〜12月12日(月) 10:00〜17:00 
予約不要、入場無料
問合せ:ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク 0120-10-1906

詳しくはこちら