7月21日公開の映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』の日本語吹替版予告編が配信された。刑務所に収容されたミニオンたちが囚人服で大暴れする注目シーンや、新たなミニオン・メルの姿も確認できた。

「怪盗グルー」シリーズ最新作には最強のライバル怪盗・バルタザールが登場。彼を逃してしまったグルーは職を失ってしまう。すっかり落ち着いてしまったボスの姿に呆れたミニオンたちは、新たなボスを探すための旅へ出かける。だが彼らはひょんなことから警察に捕まり、刑務所に送られてしまう。
おなじみの青いオーバーオールを取り上げられ、白と黒の囚人服に身を包んだミニオンたち。だが不安な様子は一切なく、刑務所の中でも大騒動を巻き起こしていく……。


予告編では刑務所にいる囚人たちを配下に置いて、やりたい放題するミニオンたちが描かれている。さらに本作から登場するミニオンのリーダー的存在であるメルが、決別したグルーを思い出すという心温まるシーンも描かれている。メルは再びグルーの元へ向かうため、仲間をまとめて刑務所からの大脱走を計画する。
ポスタービジュアルではそんなメルの姿が大きく描かれている。腕にはGRU LIFE(グルー無しじゃ生きられない)とタトゥーが入れられており、グルーへの並々ならぬ熱い愛を感じることができる。果たしてグルーと再開できるのか。シリーズ史上最大の感動ストーリーに期待が膨らむ予告編となった。

『怪盗グルーのミニオン大脱走』には主人公のグルーはもちろん、一作目から家族となったアグネス、イディス、マーゴの3姉妹、そして前作から新たに家族に加わったルーシーが登場。グルー役は笑福亭鶴瓶、ルーシー役は中島美嘉、アグネス役は芦田愛菜が続投し、新キャラクターのバルタザール役は松山ケンイチが務める。

『怪盗グルーのミニオン大脱走』
7月21日全国ロードショー

(c)UNIVERSAL STUDIOS