『魔法の天使クリィミーマミ』の声優と主題歌を担当していた太田貴子、そして『キャプテン翼J』の主題歌や『ニャニがニャンだーニャンダーかめん』の音楽監督を始め多彩な面で活躍する音楽プロデューサーの宮路一昭。ふたりがメインパーソナリティを務めるニコ生公式チャンネル、たつみTVで放送中の『太田貴子のドキドキ倶楽部 R』にてオリジナルCD制作の為にクラウドファンディングに挑戦することが発表された。

太田は1982年に『スター誕生!』に出演し、デビュー。翌年1983年にTVアニメ『魔法の天使クリィミーマミ』の主演と主題歌を担当した。その後、一度引退するが、その後復帰し、多方面で活躍を見せている。
一方の宮路はミュージシャンとして活躍するかたわら、音楽プロデューサーとしても精力的に活動している。人気ゲームである『桃太郎電鉄』シリーズなどゲームミュージックやTVアニメ『キャプテン翼J』のオープニングテーマである「Fighting!」を手がけるなど、幅広いジャンルで楽曲を発表している。

そんなふたりがパーソナリティを務める『太田貴子のドキドキ倶楽部 R』で発表された今回の企画。今回CD化を目指す「笑顔の未来」は前身である『太田貴子のドキドキ倶楽部』が『R』として復活した際に制作されたものだ。今回の企画について宮路は「ファンの皆さんからのリクエストが途切れないこともあり、オリジナル楽曲と、TONE'S nightで披露したLive Version入りのCDを作ろうと思った次第です」とコメント。宮路が主催するライブイベントである「TONE'S night」で披露されたバージョンも収録されるということで、ファンからは喜びの声が上がっている。8月27日に新宿RUIDO K4で行われる「TONES night」でも本楽曲が披露される予定となっている。

ファンから根強い人気を誇る本楽曲。そのクラウドファンディングの結果に多くの注目が集まっている。