2017年7?15?、東京・丸の内ピカデリー2にてOVA『エスカクロン』の舞台挨拶付上映会が開催された。イベントではOVAの第1話と第2話が上映されたほか、エスカ役の安済知佳、クロン役の安野希世乃、??ひかる監督、?島精?総監督が制作秘話や今後の野望について熱く語った。

本編の上映終了後、間もなくして安済、安野、?島総監督が登壇。盛?な拍?を受けながら??ずつ挨拶を述べていく。
クロンを意識してサイドポニーで登場した安野は、当?の安済が第2話のゲストキャラクター・?藤栞に似ていることについて言及。しかし話の流れから、本来サプライズゲストのはずだった??監督と楽屋で話していたところまでバラしてしまい、登壇者から総ツッコミを受ける。残念ながらサプライズは失敗したかと思いきや、ここでキービジュアルが描かれたケーキを?にした??監督が登場。7?9?が安野の誕??ということで会場全体による「ハッピーバースデー」の歌唱と祝福が行われ、これには安野も嬉し恥ずかしといった表情を浮かべた。

『エスカクロン』はプロジェクト始動からおよそ6年が経過したということで、スタッフ・声優陣からは?楽PVから始まってOVAに?るまでのエピソードが感慨深く語られていく。2016年7?にはレーベルイベント「D-World」vol.0で朗読劇が?われたこともあり、安済と安野は朗読劇に関する思い出話を披露した。
また今回で3度?となった同作の上映は、5?の「マチ★アソビ」、6?にフィンランドで?われた「Desucon 2017」に続くものとなった。「Desucon 2017」での上映会については、現地に赴いた?島総監督から会場の様?や観客のリアクションが伝えられた。

さらに??監督と?島総監督を中?として、制作にまつわる裏話も展開。作品の完成が「マチ★アソビ」の前々?だったことや、??監督が1?で?がけたEDは第2話制作と併?しながらも実質2?で描かれたという秘話が明かされ、観客を?きく沸かせた。
そして「マチ★アソビ」で上映された内容からの変化として、今回より追加されたエンドカードに関するトークも。エンドカードは劇中で?られなかったゲストキャラクターのワンシーンが描かれたものとなっており、登壇者からはTV放送を強く望む声も上がった。

そのほか関連楽曲を集めたCDのリリースを希望する意?も飛び出した。現在のところ第2話の挿?歌である「?惑いトレイン」は安野の1stミニアルバム「涙。」に収録されることが決定しているが、その他の楽曲については未定となっている。「劇中使?だけではもったいない!」ということで、話題はクラウドファンディングでの新規エピソードや新曲の制作、声優陣によるライブやリリースイベントなどへとヒートアップしていった。

『エスカクロン』のまだ?ぬ未来に期待が膨らむトークが続くなか、残念ながら終了時刻に。まだまだ話し?りない様?が見られる登壇者よりメッセージが贈られたところで、舞台挨拶の幕が下ろされた。

『エスカクロン』
(C)Terminal/エスカクロンproject