『ブレードランナー』の続編として10月27日に公開される『ブレードランナー 2049』より、このたび最新の予告編がお披露目となった。“追う者”から“追われる者”になったブレードランナーが興味深い内容に仕上がっている。

作品の舞台となるのは2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮するブレードランナーの“K”はある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためにハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー・デッカードの行方を追っている。
映像の冒頭で、Kはデイヴ・バウティスタ演じる男にデッカードの行方を問いただす。そしてレプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レトー)は「“彼”が鍵を握っている」と発言するが、“彼”が誰を指すのかはこの時点では謎に包まれている。
ストーリーが進みデッカードの居場所をつきとめたKは、過去に何があったのかを彼に問う。前作『ブレードランナー』でレプリカントの恋人・レイチェルと逃亡したデッカードがその後どうなったのかという点は、ファンが最も知りたいことのひとつでもあるだろう。本作ではその真相がデッカード本人によって語られ、危険な事実に近づいた2人のブレードランナーは追う者から追われる者へと立場を変えていくことになる。

また本作で重要な役どころと思われるのが、シルヴィア・フークス演じる女性である。彼女はウォレスの部下であり、高い戦闘能力を備えているキャラクター。ロビン・ライト演じる上層部の捜査官に「彼はどこ!?」と詰め寄るシーンは圧巻だ。そしてアナ・デ・ アルマス扮するジョイもキーパーソンであることが伺える。Kの恋人であるらしい彼女は「私も一緒に行くわ」と言い、Kとともに“秘密”の解明に挑んでいく。
すべてのショットがミステリアスな謎を持ち、未だ明かされないストーリーが憶測と期待を誘う最新予告編となった。



『ブレードランナー 2049』
10月27日(金)全国ロードショー
配給: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント