8月12日(土)からの全国公開を予定している映画『フェリシーと夢のトウシューズ』にて、日本語吹き替え版で主人公・フェリシー役を演じた土屋太鳳が主題歌も担当することになった。

『フェリシーと夢のトウシューズ』は19世紀末のフランスを舞台にした作品で、バレリーナになることを夢見る少女フェリシーと、偉大な発明家を志している幼馴染・ヴィクターの成長を描いた作品である。
そして本作の主人公役を務め、さらに主題歌も担当する土屋は、『orange』『下町ロケット』など数多くのドラマ、映画に出演している女優だ。

土屋が歌う主題歌「Felicies」は、映画の世界観にも合った爽やかな楽曲に仕上がっており、作編曲はKEN for 2 SOUL MUSIC Inc.が担当。歌詞は土屋自身が書いたものになっている。
作詞、映画主題歌歌唱はともに初めてという土屋は「フェリシーを生きた時間の中で感じた気持ちを根っこに、自分自身が歩んできた時間の中で実感した思いであったり、そして、応援してくださる方々への感謝やエールを込めて言葉を綴り歌わせて頂きました。」とコメントしている。映画を鑑賞した上で主題歌を聞けば、より一層作品を深く知ることができるだろう。

なお「Felicies」はエンディングテーマとして日本語吹き替え版のみでしか聞くことができない。吹替版を見る理由の一つになりそうだ。
また本楽曲は映画の公開に先駆け、8月4日から各配信サイトにて、配信スタートとなることも決定している。作品の世界観をひと足早く味わいたい人にはうってつけだ。
Félicies(フェリシーズ)
歌手:土屋太鳳 作詞:土屋太鳳
作曲:KEN for 2 SOUL MUSIC Inc.
編曲:KEN for 2 SOUL MUSIC Inc.(Sony Music Records)
(C) 2016 MITICO - GAUMONT - M6 FILMS - PCF BALLERINA LE FILM INC.