TVアニメ『ドラゴンボール超』は7月23日放送回で100話を迎える。「ドラゴンボール」シリーズ累計では770話目という節目に、孫悟空役の野沢雅子からお祝いのコメントが発表された。

『ドラゴンボール超』は2015年7月5日に放送がスタート。破壊神ビルス編やフリーザ復活編など、様々なエピソードを展開し、2017年7月23日には第100話「大暴走!目覚め荒ぶる狂戦士!!」がオンエアされる。
ちなみにシリーズ第1作の『ドラゴンボール』は全153話。『ドラゴンボールZ』は全291話とスペシャル2話。『ドラゴンボールGT』は全64話と番外編1話。『ドラゴンボール改』は全159話で、シリーズ累計では770話となっている。

今回の大台突破について悟空・悟飯・悟天役の野沢雅子は「100話ってあっという間なのね! 聞いてびっくりしました! これならまたあっという間に200話もいっちゃいそう! 最近は、ファンの人たちからのメッセージが毎日のように私のところに届いて嬉しいです。外を歩いてても“毎週観てます”とか“面白いです”ってよく声かけてもらいますし。ドラゴンボールの個数にちなんで『ドラゴンボール超』も700話を目指しますので、ファンの皆さん、引続き応援宜しくお願いしますね」とメッセージを寄せた。

第100話「大暴走!目覚め荒ぶる狂戦士!!」は悟空たち第7宇宙に並び立つ第6宇宙の実力が発揮されるエピソードだ。先行場面カットでは女サイヤ人のカリフラが悟空に勝負を挑む場面も確認できた。宇宙対抗の武道大会「力の大会」の行方はどうなるのか。見逃せないエピソードになるだろう。
『ドラゴンボール超』は毎週日曜朝9時よりフジテレビほかにて放送中。

『ドラゴンボール超』
(c)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション