2018年1月6日公開の『映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』の特報第2弾が発表された。富樫勇太と小鳥遊六花が日本全国を舞台にした逃避行に出かける様子が描かれている。

『映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』は高校三年間近の春休みが舞台。富樫勇太は小鳥遊六花との共同生活の日々を過ごしていたが、姉の十花が六花をイタリアに連れて行くと宣言する。このままでは二人が引き裂かれてしまう。心配した友人たちから駆け落ちを提案された勇太は、全国を巡る逃走劇を決意する。
特報第2弾はハートマークとともに「愛の逃避行」の文字が躍る場面からスタート。シリアスなナレーションが緊張感を誘うが、最後は六花が自動改札機に行く手を遮られてしまうコミカルな仕上がりとなった。全国の映画館では前売券を発売中。特典は描き下ろしイラストを用いたクリアファイルで、全4種の中から1枚がランダムで配布される。価格は1500円(税込)だ。


『中二病でも恋がしたい!』は虎虎の学園ラブコメ小説が原作。2012年10月からは京都アニメーションによるテレビアニメ化がスタート。2013年9月には『小鳥遊六花・改〜劇場版 中二病でも恋がしたい!〜』が公開、2014年1月からはTVアニメ第2期『中二病でも恋がしたい!戀』がオンエアされた。
最新作『映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』はTVアニメの続きを描いた完全新作として制作される。監督は石原立也、脚本は花田十輝、キャラクターデザインは池田和美とシリーズを手がけてきたスタッフが再集結し、富樫勇太役は福山潤、小鳥遊六花役は内田真礼が続投した。

『映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』
2018年1月6日公開

(C)虎虎/京都アニメーション/中二病でも製作委員会