「週刊少年ジャンプ」の展示会「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ VOL.1 創刊〜1980年代、伝説のはじまり」は7月18日から森アーツセンターギャラリーにて開催中だ。7月24日発売の「週刊少年ジャンプ」34号は「週刊少年ジャンプ展VOL.1」開催記念号となっており、往年の人気キャラクターたちが表紙を飾っている。

「週刊少年ジャンプ」34号の表紙に描かれているのは、本宮ひろ志『男一匹ガキ大将』の戸川万吉、高橋陽一『キャプテン翼』の大空翼、車田正美『聖闘士星矢』天馬星座の星矢だ。3作品ともにテレビアニメ化もされたヒット作である。
さらに現在も連載中の尾田栄一郎『ONE PIECE』のモンキー・D・ルフィも登場。4人はジャンプのシンボルマークである海賊マークを握りしめている。この表紙は7月31日発売の35号とイラストが繋がるそうだ。50年に及ぶ歴史の中からどのキャラクターが登場するのだろうか。

また『ONE PIECE』連載20周年を記念して制定された7月22日の「ONE PIECEの日」には、特別サイト「ONE PIECE プロジェクト60」がオープン。単行本の1巻から60巻を期間中無料で公開している。
サイトはすごろくをモチーフとしており、読んだ巻数に応じて島々を巡る冒険を進めることができる。期間は8月4日までだ。そのほか、他書店サイトでも60巻が無料で読める特別企画も実施する。

「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ VOL.1 創刊〜1980年代、伝説のはじまり」は7月18日から10月15日まで開催。「VOL.2 1990年代、発行部数653万部の衝撃」は2018年3月から6月まで、「VOL.3 2000年代〜、進化する最強雑誌の現在」は18年7月から9月までを予定している。